渡月橋を一望できるカフェも!日本画と水鏡のような庭を鑑賞できる福田美術館の見どころ

福田美術館
Mami
Mami

こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

 

今回は京都・嵐山にある日本画ミュージアム「福田美術館」と、ミュージアムカフェ「パンとエスプレッソと福田美術館」をご紹介します。

この記事はYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムの一環で取材・執筆した記事(福田美術館 / パンとエスプレッソと福田美術館)を再構成してお届けします。

京都・嵐山にある日本画ミュージアム「福田美術館」

福田美術館

福田美術館

渡月橋から川沿いを歩いて約2分のところに、江戸時代から近代にかけての、主要な日本画家の作品コレクション約1,500点を有する福田美術館があります。

 

企画展「京のファンタジスタ 〜若冲と同世代の画家たち」

福田美術館では常設展はなく、年4回、心ときめく企画展が開催されています。

そして現在は、同じく嵐山にある嵯峨嵐山文華館との共同企画展「京のファンタジスタ 〜若冲と同世代の画家たち」が開催されています(2021年10月10日まで)。

この先には何が見えるの?作品鑑賞の前に、気になる外壁ガラスをご紹介

福田美術館の外壁ガラス

洗練された和モダンな建物。

入館手続きを済ませ、エントランスから展示室へと続く廊下には、何やら模様が入ったガラスが。

 

網代模様の外壁ガラス

こちらは窓ではなく、外壁の役割を果たしている「外壁ガラス」で、伝統的な網代模様がプリントされています。

 

福田美術館

そして、外壁ガラスの先には…

 

福田美術館

大きな水盤があり、目の前を流れる大堰川に連なる水鏡のごとく輝いて、嵐山を映し出しています。

 

福田美術館の外壁ガラス

この網代模様プリントですが、景色を眺めやすいよう、天井や足元の部分は太く、目線の部分は細くなっています。

無料音声ガイドを活用して、作品鑑賞をより楽しもう

無料音声ガイド

それでは、いよいよギャラリーへ。

無料音声ガイドも用意されているので、せっかくなら活用して、作品への理解をより深めたいところ。

設置されているQRコードから読み込んで、自分のスマートフォンとイヤホンで聞くこともできますし、無料で一式借りることもできます(デボジットとして、一旦1,000円支払いますが、返却時に返金されます)。

撮影OK!企画展「京のファンタジスタ 〜若冲と同世代の画家たち」

伊藤若冲「蕪に双鶏図」

伊藤若冲「蕪に双鶏図」

福田美術館には展示室が3部屋あります。

ギャラリー1

福田美術館ギャラリー1

ギャラリー1では、伊藤若冲与謝蕪村の作品が紹介されており、

  • 同じ1716年に生まれる
  • 20年間同じ京に住む
  • 中国絵画を学ぶ

などの共通点がありながら、まったく異なる画風を追求した様子を見比べられます。

「伊藤若冲や与謝蕪村という名前は聞いたことがあるけれど、美術や絵画には詳しくないからな…」という方でも大丈夫。

福田美術館の展示方法の大きな特徴として「分かりやすさ」があり、

  • ルビを振る
  • 解説文が長すぎないようにする
  • 各作品にオリジナルのキャッチコーピーをつける
  • 専門用語をできるだけ使わない

などの工夫が凝らされているので、どんな方でも楽しみながら作品鑑賞できます。

 

伊藤若冲「仔犬図」

伊藤若冲「仔犬図」

たとえば、この作品のキャッチコピーは「かわいくはない若冲の仔犬」。

天才画家と称される若冲の作品をこんな風に表現するなんて、しかも「確かに…」と頷いてしまう妙な納得感があるから、くすっと笑えます。

 

与謝蕪村「五月雨や」自画賛

与謝蕪村「五月雨や」自画賛

この作品のキャッチコピーは「やれやれ舟は出せないな」。

思わず「お仕事ご苦労様です。早く晴れ間がのぞいて欲しいですね。」とでも声をかけたくなるほど。

こうしたオリジナルキャッチコピーは、福田美術館のスタッフ皆さんで捻り出しているそうです。

ギャラリー2

福田美術館ギャラリー2

ギャラリー2では、

  • 池大雅
  • 円山応挙
  • 曾我蕭白
  • 長沢芦雪
  • 呉春

など、若冲が生きた18世紀の京都・四条通り界隈で活躍した画家たちの作品が展示されています。

ここでは個人的に心惹かれた作品3点をご紹介します。

池大雅「墨蘭図」

池大雅「墨蘭図」

「風に揺れる蘭の葉や茎の表現が美しいな〜」と見入ってしまいました。

 

円山応挙「竹に狗子図」左

円山応挙「竹に狗子図」左

漢字の「竹」と「犬」を組み合わせると「笑」という字に似ていることから、「一笑図」とも呼ばれるそう。

垂れた耳に、つぶらな瞳が可愛らしい。

 

伊藤若冲「群鶏図」

伊藤若冲「群鶏図」

ニワトリの家族が描かれており、お母さんニワトリの後ろに雛が一匹隠れている様が可愛らしい。

福田美術館の展示室内のガラスケースは、ドイツのグラスバウハーン社に特注した92%という高い透過率のガラスが採用されているので、緻密に描きこまれた日本画の筆致をじっくり観察できます。

各作品にどんなオリジナルキャッチコピーが付いているのかも、是非チェックしてみて下さいね。

パノラマギャラリー

パノラマギャラリーでは、画家の「筆使い」の比較や、『平安人物志』をもとに、四条通り周辺に住んでいた画家たちの「住宅マップ」があったり。

斬新なのは「交友関係」の比較で、若冲や蕭白などが「誰と仲が良く、誰と仲が悪かったか」まとめられており、天才画家たちの人間くさい一面が垣間見れます。

(2021年10月23日からは、同じく嵯峨嵐山文華館との共同企画展で、「木島櫻谷展」が開催予定です。)

 

嵯峨嵐山文華館

嵯峨嵐山文華館

なお企画展を共同開催している嵯峨嵐山文華館へは、福田美術館から歩いて約3分ほど。

少しお得になる2館共通券もあるので、ぜひ両館で作品鑑賞を楽しんでみてください。

渡月橋を最も美しく一望できるカフェ「パンとエスプレッソと福田美術館」

パンとエスプレッソと福田美術館

福田美術館の館内には、ミュージアムカフェ「パンとエスプレッソと福田美術館」があります。

 

パンとエスプレッソと福田美術館

来館者のみが利用できるのですが、最大の魅力は、180度の広い眺望で渡月橋・大堰川・嵐山を楽しめる点。

 

パンとエスプレッソと福田美術館

美術館の廊下の外壁ガラスとは違い、網代模様がプリントされていないので、まるで絵画のような、うっとりする景色を堪能できます。

 

パンとエスプレッソと福田美術館

カフェの目の前には大きな水盤があるので、時に小鳥が水浴びにやってきて、風がやめば水盤は水鏡のように空を映し出します。

 

パンとエスプレッソと福田美術館

パンとエスプレッソと福田美術館

店舗内は4人掛けのテーブルが7卓と、1人掛け用の席が4席あります。

まずは席を確保してから、注文をします。

季節の福パフェや展示作品に関連したサラダも

福パフェ

メニューは軽食・スイーツ・ドリンクとありますが、今回はトップに「福」文字があしらわれた季節の福パフェ(1,000円)を。

 

福パフェ

現在は「さつまいもと紅茶」がテーマとなっており、美味しそうなクリームやペースト、ブリオッシュなどが重なっているので、どんなお味かワクワク。

 

福パフェ

「福文字を崩すのがもったいないな」と思いながら紅茶クリームを食べ進めると、ヒヤッと冷たいものが。下に紅茶アイスが隠れていました。

さらに食べ進めると、さつまいもペーストは濃厚な甘みで美味。

でもクリームやペーストで少し甘さに飽きてきたころに、フレッシュりんごが爽やかさをもたらしてくれ、後半のブリオッシュや大学いもが食べ応えをもたらしてくれます。

最後はさっぱりとした紅茶ゼリーがあらわれ、美味しく完食できました。

 

福パフェ

他のメニューと異なり、福パフェのみ13時からの提供となります。

 

伊藤若冲「蕪に双鶏図」

伊藤若冲「蕪に双鶏図」

その他、伊藤若冲「蕪に双鶏図」という展示作品に関連して、メニューには「かぶのシーザーサラダ」もあります。

ミュージアムショップでしか手に入らないオリジナルグッズ

福田美術館のミュージアムショップ

美術館に立ち寄ったときのもう一つの楽しみといえば、ミュージアムショップ。

洗練されたグッズやオリジナルコラボ商品もあるので、立ち寄らずにはいられません。

 

福田美術館オリジナルグッズ

まず気になったのは「井筒八ッ橋本舗」とのコラボ商品。

 

伊藤若冲「群鶏図押絵貼屏風」

伊藤若冲「群鶏図押絵貼屏風」

福田美術館オリジナルグッズ

八ツ橋に、企画展で展示されている伊藤若冲「群鶏図押絵貼屏風」の鶏たちが躍動感そのままに描かれています。

濃淡までしっかりと再現されている点にこだわりを感じます。

 

福田美術館オリジナルグッズ

こちらはインターナショナルチョコレートアワードで3年連続受賞している、ビーン・トゥー・バーで有名な「COCO京都」とのコラボ商品。

 

福田美術館オリジナルグッズ

ダブルチョコレートでコーティングされた大麦スティックで、様々な日本画が印刷された箱も美しいです。

(撮影協力:福田美術館)

ミュージアム情報
ミュージアム名:福田美術館
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16
電話番号:075-863-0606
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜日・年末年始・展示替期間
入館料:一般1,300円、高校生700円、小中学生400円

 

穴場のアートスポット!嵯峨嵐山文華館の見どころと嵐山OMOKAGEテラス
京都・奥嵐山にあるミュージアム「嵯峨嵐山文華館」の見どころと、併設のカフェテラス「嵐山OMOKAGEテラス」をご紹介します。
紅葉シーズン!世界遺産「天龍寺」の見どころ3選(庭園・雲龍図・だるま)
京都・嵐山にある世界遺産「天龍寺」の見どころをご紹介しています。紅葉シーズンなら、早朝拝観で曹源池庭園のリフレクション風景を楽しむのがおすすめ。近くには金閣寺・龍安寺・仁和寺が集まっているので、ぜひ京都の世界遺産めぐりを合わせて楽しんでください。