【二見浦の夫婦岩】二見興玉神社は伊勢神宮を参拝する前に訪れたい

Mami
Mami

こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

 

この記事では、伊勢神宮を参拝する前に訪れたい二見興玉神社をご紹介します。

 

夫婦岩二見蛙でも知られている神社です。

スポンサーリンク

伊勢・二見興玉神社とは

伊勢神宮から車で15分ほどの距離にある二見浦

古くより伊勢神宮を参拝する前に二見浦の海水で心身の禊をする「浜参宮」という習わしがあり、現在でもまず二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)に参拝してから伊勢神宮(外宮→内宮)へ向かう習わしが残っています。

この二見興玉神社では猿田彦大神が祀られており、縁結び、夫婦円満、交通安全などにご利益があるとされています。

二見興玉神社の二見蛙

夫婦岩が遠くに見えています

境内には猿田彦大神のお使いとされる「二見蛙」が多数奉納されています。

  • 旅先から無事にかえる
  • 貸したものがかえる
  • お金がかえる

などのご利益があるそう。

 

参道を少し進むと、日本神話に出てくる「天の岩屋」があらわれ、

 

蛙の手水舎があらわれます。

「手水舎の満願蛙に水をかけると願いが叶う」そうですが、現在はコロナ対策として柄杓が撤去され流水となっているので、気持ちだけ込めて。

 

猿田彦大神と夫婦岩に象徴される二見興玉神社です。

伊勢・二見浦の夫婦岩

神社の右手にある道を進むと「遥拝所」があらわれ、その奥に「夫婦岩」が見えます。

 

大注連縄で太く堅く結ばれた夫婦岩は、夫婦円満・縁結びのシンボル。

天気が良ければ、遠くに富士山が見えるとのこと。

夫婦岩から約700m沖の海中には猿田彦大神ゆかりの「興玉神石」が鎮まっており、夫婦岩は日の大神(天照大御神)と興玉神石を遥拝する鳥居の役割を果たしています。

神社によると、興玉神石は、周囲約850m、高さ約7.5mの大きさで、江戸時代に起こった2度の地震により海中に沈んだと言い伝えられているそうです。

興玉神石に付く藻は、海草の一種「アマモ」で、神社では「無垢塩草(むくしおくさ)」と呼んでいます。

毎年5月の「藻刈り神事」で刈り取られた無垢塩草は、乾燥後、授与品の不浄祓守りに。

なお現在は、禊をする代わりに、二見興玉神社に参拝し「無垢塩祓」を受けることを「浜参宮」としているそうです。

 

早朝に夫婦岩へ向かいます。

 

エネルギーに満ち溢れた太陽に照らされ、夫婦岩や大注連縄が赤々としてきます。

 

裏側と覗くと、太陽に照らされて、より赤く。

夫婦岩に掛けられた大注連縄は、縄の長さが35m、大岩に16m、小岩に10mが巻かれ、その間の長さは9mあります。

この大注連縄は今でも古式にのっとり年3回張替えられており、大注連縄奉献は約700年前、文保年間に奉献されており、長い歴史を有しています。

 

また境内には4ヶ所に輪注連縄(わしめなわ)が設置されています。

輪注連縄は日の大神である日輪を表し、参拝者はこの輪注連縄で身を祓い、神前に奉献するのが習わしとのこと。

夫婦岩と日の出

写真は10月撮影

古くから日の出の遥拝所として知られる夫婦岩ですが、夏至の頃に訪れると、夫婦岩の真ん中から太陽が昇ります

夫婦岩と日の出:5〜7月頃

夫婦岩と月の出

10月でしたが、新月の頃に訪れたので…

また冬至の頃に訪れると、夫婦岩の真ん中から月が昇ります

夫婦岩と月の出:10〜1月の満月の頃

防寒対策をしっかりとして、神秘的な様を拝んでみてください。

二見で出会った酒素饅頭

JR「二見浦駅」近くに、バス停「二見浦表参道」そして「二見浦観光案内所」があります。

このすぐ近くに、歴史を感じるお店を発見。

 

創業107年。

お酒や酒粕を使用せず、米糀を自然発酵させた生地でつくられたお饅頭とのこと。

 

1個90円なり。

おばあちゃんのイラストがほっこり可愛い。

 

まだ温かさの残る中いただくと、薄皮だけどもっちりとした生地と粒あんが絶妙でした。

 

以上、伊勢神宮を参拝する前に訪れたい二見興玉神社をご紹介しました。

 

【伊勢・夫婦岩の前】大石屋は二見興玉神社の観光もしやすいおすすめ旅館
伊勢・二見浦にある宿「大石屋」の宿泊レビューです。二見興玉神社の夫婦岩まで一番近い宿で、徒歩3分。リニューアルにより綺麗な館内で、オーシャンビューの客室。季節によりアワビ・牡蠣・伊勢海老・フグと、旬の新鮮な魚介類もたっぷりいただけます。
【お伊勢参り】伊勢神宮(内宮・外宮・別宮)と猿田彦神社の観光ハイライト
伊勢神宮へお参りされる方のために、参拝の順番や主要な観光ポイントをまとめています。内宮近くにあるみちひらきの大神、猿田彦神社もご紹介。伊勢志摩の観光なら、近鉄が販売しているお得なきっぷの利用がおすすめです。