ロベン島とテーブルマウンテンの観光を堪能する方法とおすすめホテル3選

こんにちは、Juliと申します。

私は世界遺産は「見る歴史」だから大好きです。本で読んだだけでは想像しがたい佇まいを見ながら、当時の歴史的背景や美しい自然に没頭できます。

今回は、そんな私のイチオシの世界遺産「ロベン島」を2倍楽しむための方法やおすすめホテルをご紹介します。

南アフリカ・ケープタウンにあるロベン島がおすすめな理由

ロベン島は別名「監獄島」と呼ばれ、アパルトヘイトと闘い、のちにノーベル平和賞を受賞したネルソン・マンデラさんが、かつて政治犯として収容されていた場所でもあります。

島へはボートで行くのでちょっとした船旅も楽しめ、途中アザラシの群れを見ることも出来ます。

ちなみに「ロベン」は「アザラシ」を意味するオランダ語です。

ロベン島へはみなツアー参加なので、ガイドさんが一緒に来てくれます。

陽気な現地のガイドさんは、博物館や史跡を回りながら個人的な意見も述べてくれ、質問にもバッチリ答えてくれます。

ただ島での自由行動は許されておらず、それぞれの施設が厳重に管理されていることを実感します。

ロベン島へのボートが出るのは、ウォーターフロントという有名なショッピングセンタ―からです。

ウォーターフロントはお洒落なレストランや高級ホテルが立ち並ぶエリアで、ロベン島の厳しいイメージとは一変。

ショッピングやグルメを楽しめます。

ロベン島の魅力を存分に味わうためのおすすめ観光方法

ロベン島の魅力を存分に楽しむなら、朝9時出発のツアーがおすすめです。

ロベン島はケープタウンから約12km沖合にある島で、ボートの出航は朝9時、11時と午後に1回です。

1回のツアーにかかる時間は、ボートの往復を含めて約4時間。

朝9時のツアーに参加すれば、午前中に観光をしてお昼にウォーターフロントに帰り着くことができます。

ウォーターフロントには数多くのレストランがあるので、すぐに美味しいランチにありつけます。

風が強い時はツアーがキャンセルされますが、キャンセルが朝のうちに分かれば、予定を変更し、その日は市内ツアーを楽しむということもできます。

また南アフリカの上にはオゾンホールがあるそうで、紫外線の一段強い場所となります。

ツアーでは屋外を歩くことになるので、陽射しが強くなる午後の時間帯は紫外線ダメージを受けやすいという理由もあります。

あわせて楽しみたい、周辺の世界遺産や観光エリア

ケープタウンを囲む産地全体が世界自然遺産「ケープ植物区保護地域群」に指定されています。

観光客としてこの自然を楽しむには、テーブルマウンテンカーステンボッシュ植物園を訪れることがおすすめです。

それぞれが離れた場所にあり、公共の交通機関では辿り着けないので(公共の交通機関が発達していません)、タクシーで行くか、タクシーとの交渉に自信がなければ、日本を出発する前に、現地にいる日本人ガイドさんにお願いするのがベストです。

テーブルマウンテンは、ケーブルカーで頂上まで行きましたが、頂上と言ってもテーブル上になっているので、そこでかなりの時間をかけて散策を楽しむことができます。

ネズミを大きくした感じの「ダシー」という動物がそこら中にいます。

カーステンボッシュ植物園は、植物園というには広大な敷地で、本格的なハイキングも楽しめます。

あわせて楽しみたい、おすすめ体験レジャー

ケープタウンは世界でも有名なワインの産地です。

郊外に出ると数多くのワイナリーがあるので、ワイナリーを効率よく巡るツアーがおすすめです。

ワイナリーと言っても、ブドウ畑を眺めて終わりではありません。

おしゃれな建物の中でワインの試飲をしたり、ランチを楽しむこともできます。

中には、美味しいパンやチーズの入ったランチバスケットを提供しているワイナリーもあり、ピクニックができる場所もあります。

美しい自然を眺めながら、良質のワインを味わって最高の気分になれます。

南アフリカを訪れたらぜひ食べたいローカルフード

Bobotie(ボブーティ)という料理はおすすめです。

オーブン皿に調理したひき肉を敷き詰めて、卵液をかけ、オーブンで焼いた料理で、カレーの風味がします。

カレーの風味ですが、レーズンや、時には乾燥したアプリコットが入っていたりと、かなりの甘さもあります。

ちなみにマンデラさんの好物の料理だったそうです。

南アフリカおすすめのお土産

ペイントされて置物になったダチョウの卵がおすすめですが、厳密に言うと日本への持ち込みはNGらしいです。

それでなければ、カラフルなアフリカンデザインの布製品がおすすめです。

ダチョウの革製品もたくさんあり、高価ですが、日本で買うことを考えれば格安です。

テーブルマウンテンが眺められる!おすすめ高級ホテル「ベルモンド・マウント・ネルソン・ホテル」

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/Belmond_Mount_Nelson_Hotel.htm

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/Belmond_Mount_Nelson_Hotel.htm

ケープタウンのおすすめ高級ホテルは「ベルモンド マウント ネルソン ホテル(Belmond Mount Nelson Hotel)」です。

ケープタウンの賑やかな中心部に位置する、歴史と格式のあるラグジュアリー・ホテル&スパで、低層の建物が広い敷地に広がっています。

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/Belmond_Mount_Nelson_Hotel.htm

テーブルマウンテンのふもとにありながら、ダウンタウンへも至近距離という理想的な立地にあります。

ちなみにロベン島へのツアー発着ポイントであるウォーターフロントまでは、車で約15分。

車を降りて徒歩5分でチケット売り場へ着きます。

ウォーターフロントまでは無料シャトルが運行されているので、フロントで出発時刻を確認してください。

アフタヌーンティーを楽しむこともでき、何とも高級感のある部屋で、優雅に紅茶を注いでもらい、まるで女王にでもなった気分を味わえます。

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/Belmond_Mount_Nelson_Hotel.htm

食べ物はビュッフェスタイルで自分で取りに行きます。

ケーキからサンドイッチまでありましたが、何と言ってもペストリー類がおいしかったです。

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/Belmond_Mount_Nelson_Hotel.htm

ちなみにティールームに限らず、スタッフの方々はゲストを貴賓のように扱ってくれます。

庭のプール脇にはビューティーサロンもあるので、プールサイドでゆっくりするのにも飽きたら、ペディキュアで足の手入れをしたり、アロマセラピーなどを楽しめます。

ここでは南アフリカで開発されたスキンケア製品も購入可能です。

原料はすべて指定農場で作られたオーガニックなもので、製品も良質なので、お土産にも良いです。

そして貴賓のように扱われ贅沢な時間を過ごせるだけでなく、最大の魅力は景観!

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/Belmond_Mount_Nelson_Hotel.htm

広大なテーブルマウンテンが窓一杯に見える、最高のホテルです。

このホテルの料金・空室をみる

空港シャトルバスサービスも。おすすめ格安ホテルなら「ザ・バックパック」

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/The_Backpack.htm

価格重視の旅なら「ザ バックパック – ホステル(The Backpack)」がおすすめです。

6,000円台~と格安ホテルではありますが、清潔な室内とシーリングファンなど快適な設備となっていて、無料Wi-Fiも整っています。

またバックパッカー向けの簡易宿なので、世界中の旅人と交流もしやすいです。

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/The_Backpack.htm

ケープタウンの中心地にあるため、レストランやカフェも沢山あり、観光アクセスも抜群。

ケープタウン国際空港からは車で約25分のロケーションですが、シャトルバスサービス(有料)もあります。

一人R260(約2,300円/2017年3月現在)ですが、人数が増えればその分お得な割引価格が適用されます。

空港から宿までのシャトルバスサービスを利用する場合、名前・フライト番号・到着予定時刻などを書いたメールでの事前予約が必要です。

その際、返信メールに送迎価格も記載されているので、返信メールで費用は事前に確認できます。

このホテルの料金・空室をみる

こちらもテーブルマウンテンが眺められる「ヒルトン・ケープ・タウン・シティ・センター」

https://www.hotelscombined.jp/Hotel/Hilton_Cape_Town_City_Centre.htm

眺望という点なら「ヒルトン ケープ タウン シティ センター(Hilton Cape Town City Centre)」もおすすめです。

ホテルからテーブルマウンテンまで車で10分という絶好のロケーションに位置し、もちろん部屋からテーブルマウンテンを望むことができます

またロベン島へのツアー発着ポイントであるウォーターフロントまで、無料シャトルも運行(09:00~17:00)されており、観光もしやすいです。

さらに南アフリカの郷土料理、北インド料理、アラビア料理など、現代風にアレンジされた各国の料理も楽しめます。

このホテルの料金・空室をみる

このエリアのホテルを検索する

 

ケープタウンはヨーロッパのように美しい街並みと、その背景の大自然を一度に楽しめる街です。

ただ公共交通機関がまだ整っていないので、移動はタクシーになります。

メーターをきちんと使わない運転手も多いので、ホテルでタクシーを呼んでもらい、先に料金交渉をしてもらうのが、安全で確実な移動方法です。

旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

プレトリア中心部のホテルをお探しならホリデイインエクスプレス・プレトリア・サニー...

ジャカランタが咲き誇る街!プレトリアの市内観光レポとおすすめレストラン