世界遺産「龍安寺」周辺のおすすめランチ・カフェをご紹介

Mami
Mami

こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

 

この記事では、京都にある世界遺産「龍安寺」周辺のおすすめランチ・カフェをご紹介します。

スポンサーリンク

龍安寺周辺のおすすめランチ「山猫軒」

龍安寺の周辺はそもそも食事処が少ないですが、ランチをお考えなら、敷地内にある豆腐料理店の他では、カフェ「山猫軒」がおすすめです。

龍安寺のななめ前にあるので、徒歩3分ほどで着きます

大通り「きぬかけの路」沿いにある、隠れ家風のカフェ。

 

階段を下り、扉を開けると、予想以上に広いカフェで、写真の左奥にも座席が続きます。

 

この日はジューシーなハンバーグをいただきました

  • 挽きたて豆で淹れるハンドドリップ珈琲
  • 焼きたてのワッフル
  • 季節のフルーツをふんだんに使ったスイーツ
  • 手作りの美味しいランチ

などがいただけます。

注文してから調理が開始されるメニューが多いので、時間に余裕を持たせての入店がおすすめです。

龍安寺周辺のおすすめカフェ「笹屋昌園」

京福電鉄「龍安寺駅」の目の前に、わらび餅の名店「笹屋昌園」のカフェ、「笹屋昌園CAFE&ATELIER」がオープンしました。

お店は妙心寺や京福電鉄「妙心寺駅」からも徒歩5分ほどで辿り着きます。

 

カフェメニューは一品のみ。

その名も、本わらび餅「至高」です。

至高は賞味期限がたったの1日、本店のみで受注販売されていたわらび餅です。

 

スタッフの方が目の前で仕上げて器によそってくださいます。

 

本わらび餅「至高」セット(税込1,850円):わらび餅「至高」、丹波黒豆大豆きな粉、こし餡、波照間産の黒蜜、抹茶、わらび餅の形成に利用する冷水

おすすめの食べ方も紹介されるので、案内を参考に召し上がっていただきたいのですが、

 

まずは温かいわらび餅をスプーンで持ち上げ、そのままいただきます。

 

まさに店先のサンプル通り!

1分ほどでわらび餅の柔らかさが変化してくるので、写真はほどほどに、出来立て本来の美味しさを楽しみます。

3分ほど経つと弾力も出てくるので、スプーンとお箸と冷水を上手く使いながら食べやすいサイズに形成しつつ、こし餡、きな粉、黒蜜、と少しずつトッピングと絡めていきます。

「とろとろ」からの弾力、美味しかったです。

お土産として持ち帰りたい場合には、カフェを出てすぐ右側にある本店にて、本わらび餅「極」が用意されています。

 

京都にある世界遺産「龍安寺」や妙心寺を観光される際のランチ・カフェ探しの参考になれば幸いです。

世界遺産「龍安寺」の見どころは?謎解きが楽しい石庭やつくばい
京都にある世界遺産「龍安寺」の見どころをご紹介。有名な石庭やつくばいの謎解きはいかに。龍安寺の近くには、金閣寺(鹿苑寺)、仁和寺、天龍寺が集まっているので、ぜひ合わせて京都の世界遺産めぐりを楽しんでください。