【年1回の限定公開】旧邸御室の深緑のリフレクション!富士山の欄間も必見

Mami

Mami
こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

今回は京都にある世界遺産「仁和寺」の近くにある「旧邸御室」をご紹介します。

花梨のテーブルに映し出される深緑のリフレクションは感動的でした!

旧邸御室とは

御室仁和寺駅から徒歩2分。

旧邸御室とは、世界遺産「仁和寺」で知られる「御室」という地区にある、郊外邸宅(登録有形文化財)です。

 

500坪の敷地に建つ数寄屋造りの邸宅。

閑静な住宅街の中にひっそりと、昭和12年建築当時の美しさをそのまま残しています。

そして「深緑の薫 」 として、毎年、深緑の季節である5月のみ限定公開されています。

ただ2020年はコロナの影響で5月公開が自粛され、9/5〜10/4の特別公開となりました。

そのため、この記事掲載の写真は2020年10月撮影となります。

深緑の名残でも、その美しさを十分に堪能できました。

感動的な庭鏡!旧邸御室の深緑の薫

大広間

玄関で靴を脱ぎ、22畳の開放的な大広間に通されると、色鮮やかな庭鏡が目に飛び込んできました。

 

花梨の一枚板テーブルに日本庭園がリフレクションし、それは息を飲む美しさ。

花梨のテーブルに触れなければ、自由に撮影OKとのことだったので、他の来場者と譲り合いながら写真撮影を楽しみます(カメラがテーブルに当たらないよう注意)。

一定の人数が揃うと、温かく迎えてくださったガイドの方々により、旧邸御室の解説を伺うことができました。

 

庭鏡の美しさもさることながら

  • 網代の天井
  • 一本木の敷居
  • 波打つ昭和ガラス
  • 綺麗に拭かれた畳
  • 開放された窓から通り抜ける爽やかな風
  • 太陽の光を柔らかくする障子

など「しつらえ」全体がとても素敵。

昭和初期の高貴な郊外邸宅を肌で感じることができました。

 

その繊細さに目を奪われたのは、欄間です。

1つ前の写真、気づかれましたか?

富士山の欄間は珍しいように思います。

 

富士山に、深緑の庭鏡。

最高です。

洋間と蔵

庭鏡を楽しんだ後は、大広間の奥にある洋間へ。

 

注目すべきは、洋間の天井画。

6種類の花が色鮮やかに描かれています。

洋間には絵画なども複数展示されており、奥には蔵もあります。

蔵は外から覗けるだけですが、昭和レトロな道具が保存され、独特な空気感を纏っています。

ちなみに蔵も有形文化財に登録されています。

 

屋根を飾る「祝」の瓦。

庭園と茶室と茶室待合

立派な松

母屋を堪能したら、庭園へ。

 

灯篭が並ぶ庭の階段を少し登ると、

 

茶室に辿り着きます。

特にお道具は飾られていませんでしたが、茶室も入室可能です。

窓からの緑が美しかった。

 

茶室近くには待合も。

茶室や待合は小高い所にあるので、ガイドの方に導かれるまま茶室付近の特定のポイントに立つと、仁和寺の五重塔が肉眼で確認できました。

【初公開】母屋の2階からの眺望

ソファー席からの眺め

2020年は母屋の2階が初公開されました。

2階からの眺めも素敵です。

立って眺めると、双ヶ丘を借景とした庭の全景が楽しめます。

また1人掛け用のソファーが2脚用意されているので、座りながら眺めると、写真のように、大きな深緑の絵画を眺めているかのような気分に浸れます。

旧邸御室のカフェなら庭・人・テーブルのリフレクションも楽しめる

旧邸御室には、カフェ(お休み処)として利用されている一室があり、グリーンティーとお菓子のセット(税込660円)が楽しめます。

カフェにも花梨のテーブルがあるので、カフェ利用者は喫茶だけでなく、

  • 日本庭園
  • 人物
  • テーブルセット

を組み合わせたリフレクションを楽しむこともできます。

 

カフェの先にあるお風呂場のガラス戸。

「川下り」の装飾とは。

旧邸御室へのアクセス

京福電気鉄道北野線「御室仁和寺駅」から徒歩2分ほど。

閑静な住宅街にあるため、駐車場はありません

 

御室仁和寺駅の線路を挟んで、北側に世界遺産「仁和寺」が、南側に「旧邸御室」があります

仁和寺の入口(二王門)から旧邸御室まで徒歩7分ほどなので、旧邸御室の一般公開のタイミングにあえば、世界遺産めぐりと合わせて立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

感動的な庭鏡を満喫できます。

旅行代が半額に!Go To トラベル特集

「Go To トラベルキャンペーンはいつまで?」「利用回数や連泊に制限はあるの?」「地域共通クーポンとは?」など、様々な疑問点をまとめています。

Go To Travel キャンペーン:予約特設ページへ 10月1日から地域クーポンの利用も始まりました 10月1日...

関連記事

年2回のみ拝観可能!瑠璃光院で青もみじと紅葉の異次元の美しさを堪能しよう!

鳥獣戯画で有名な世界遺産の栂尾高山寺は茶の発祥地でもある

記念日におすすめ!京都・湯の花温泉にある翠泉に宿泊してきました

伏見稲荷大社の見どころは千本鳥居だけではない!稲荷山の頂上まで登拝してきました

世界遺産「銀閣寺」の見所と合わせて訪れたい観光スポット5選

清浄歓喜団

まるで縄文土器?!日本最古のお菓子「清浄歓喜団」を食べてみた