伏見稲荷大社に参拝後は「松の下屋」で献上抹茶をいただく観光プランがおすすめ

こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

京都観光でいま一番人気といわれている伏見稲荷大社

朱色の鳥居の連なりが神秘的で美しいですし、商売繁盛のご利益でも有名です。

Mami

Mami
今回ご紹介するのは、この伏見稲荷大社の境内にある呈茶所「松の下屋」です。

伏見稲荷大社のお茶屋「松の下屋」とは

松の下屋は、本殿のわきにある神楽殿のすぐ南側に位置しています。

本殿まわりには写真のような看板が置かれているので、看板を見つけられれば迷わずに行けます。

門をくぐるとお茶屋があるのですが、この建物は重要文化財で、なんと重要文化財の中で美味しい日本茶をいただくことができます。

ちなみにこの建物は大正年間のもので、旧当社秦姓祠官松本家の居宅跡とのこと。

入り口で抹茶や冷茶など3種類の日本茶セットの中から選んでチケットを購入し、中に入ります。

外は大勢の観光客で賑わいガヤガヤしていますが、中は一転して静寂に包まれており、静かな時間を過ごすことができます。

椿堂のお抹茶セット

今回わたしが選んだのは、献上抹茶「千寿」と「うば玉」のセットです。

数々の品評会受賞歴を持つ宇治白川の辻喜代治さんによって生産された茶葉を、椿堂茶舗さんが謹製した献上抹茶「千寿」。

渋みよりも、うま味が勝っていて、とても美味しかったです。

うば玉も濃いめの抹茶味で、お抹茶と合って美味しかったです。

ちなみに椿堂茶舗さんといえば、ほうじ茶でも有名。

セットについてきたお茶は、このほうじ茶でしたが、茶葉を焙じたものというよりは、黒豆茶のような香ばしさがあり、こちらもほっこりする味でした。

一服したら庭園散策へ

一服したあとは、併設されている庭園も散策。

お茶代の中に、庭園拝観料も含まれています。

庭園も建物と同時期に造られたもので、もともと稲荷山三ヶ峰を借景としたものだそうです。

わたしが訪れた時期は春までもう少しという頃だったので、新緑の季節ならもっと植物たちが生き生きした姿をみれるはずです。

限定営業のお茶屋なので、事前に確認を

こんな素敵な松の下屋ですが、基本的には、毎月1日と土・日・祝のみという限定営業のレアなお茶屋になります。

時期によっては営業日がさらにイレギュラーに変更されるので、伏見稲荷大社に参拝した際に、たまたま巡り合えたあなたはラッキー♪

また松の下屋を目指して行かれるなら、事前に公式サイトで確認するのを忘れずに。

日本茶の種類はほぼほぼ固定ですが、上生菓子は季節によって変わるので、また訪れたいと思います。

意外⁈ お得に海外旅行を手配する3つの手順

「安く海外旅行をする=個人手配」という考えが主流になりつつありますが、実は個人手配が必ずしも安いとは限りません。

そこで「個人手配する場合と、旅行会社を通す場合、どちらがお得なのか」をサクッと簡単に下調べできる3つの手順をご紹介します。

海外旅行を安く手配する方法
お得に海外旅行を手配する3つの手順 旅さがしでオーダーメイド旅行の一括見積もりを取る スカイスキャナーで飛行...

関連記事

朝食がおすすめ!京都・湯の花温泉のすみや亀峰菴に宿泊してきました

祇園祭の見どころは山鉾巡行だけではない!1ヶ月続く主な行事とおすすめホテル

伏見稲荷大社の宵宮祭は幻想的でミステリアスな雰囲気がたまらない!

鳥獣戯画で有名な世界遺産の栂尾高山寺は茶の発祥地でもある

年に一度だけ!行者餅は7月16日のみ限定販売される祇園祭ゆかりの和菓子

着物を着ていくだけで入場料が無料に!京都の早春観光をお得に楽しもう