世界遺産「銀閣寺」の見所と合わせて訪れたい観光スポット5選

Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事では世界遺産「銀閣寺」の見所を紹介します。

世界遺産「銀閣寺」

銀閣寺(正しくは慈照寺)は室町幕府八代将軍、足利義政によって建立されました。

金閣寺(正しくは鹿苑寺)と合わせて学校の授業で習った方も多いはず。

「わび」「さび」の美意識に代表される東山文化の発祥地です。

 

お土産屋さんや飲食店で賑わう参道を登りきると、銀閣寺の総門に到着します。

 

世界遺産の案内板も用意されています。

 

総門から中門までの参道で注目したいのは、両脇に設けられた大刈込の生け垣と竹垣です。

特に竹垣は組み方が特徴的で、その美しさは「銀閣寺垣」として知られています。

銀閣へ向かって素通りしがちですが、ぜひ寺へ向かう、その森厳な空間も堪能してください。

 

中門で拝観料(大人500円・小人300円)を払い、奥へ進むと、銀閣(観音殿/国宝)が姿を表します。

1階部分の心空殿(しんくうでん)は書院風。

2階部分の潮音閣(ちょうおんかく)は唐様仏殿の様式。

閣上には青銅の鳳凰が銀閣を守っています。

決して派手さはありませんが、その落ち着いた佇まいに心惹かれます。

 

銀閣の他にも、向月台

 

花頭窓

をはじめ、自然空間を巧みに取り入れた造形は美しいです。

銀閣寺にある「お茶の井」とは

銀閣寺には展望所があります。

緩やかな階段を登れば京都の街を一望できるのでおすすめです。

 

そしてその展望所へ向かう途中にあるのが「お茶の井」です。

足利義政が愛用したお茶の井の跡で、水質も豊かで、現在もお茶会等の飲料水として使用されているそうです。

銀閣寺は草案茶室の始まりの場所とされているので、茶道をされている方にとっては一見の価値があるかと思います。

泉周辺の石組みは当時の遺構そのままとのことです。

銀閣寺近くにある、カフェ併設の素敵な器屋さん「SIONE」

器に興味があるのなら、銀閣寺から徒歩8分ほどにある「SIONE(シオネ)」に足を伸ばされてみてはいかがでしょうか?

白地に金彩の絵付けが特徴の器たちで、自分用にも、プレゼント用にもおすすめです。

ただ綺麗なだけでなく、器一つ一つに物語があり、その物語を確認しながら選ぶのが楽しいです。

購入した器たち

店内にはカフェも併設されていて、中国茶や日本茶が楽しめます。

カフェは3〜4組で満席になる規模で決して大きくはありませんが、建物は元旅館とのことで、趣を感じながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

銀閣寺の観光と合わせて巡りたい魅力的なスポット5選

  • 大文字山:約1時間で登れます
  • 哲学の道:春の桜シーズンは特におすすめ
  • 法然院:秋の紅葉シーズンは特におすすめ
  • 永観堂:秋の紅葉シーズンは特におすすめ
  • 南禅寺:三門が圧倒的です

銀閣寺の周辺には観光スポットが多数あるので、季節や興味に合わせてプランを立ててみてください。

旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

祇園祭の見どころは山鉾巡行だけではない!1ヶ月続く主な行事とおすすめホテル

記念日におすすめ!京都・湯の花温泉にある翠泉に宿泊してきました

鳥獣戯画で有名な世界遺産の栂尾高山寺は茶の発祥地でもある

京都の夏祭り「花背の松上げ」は勇壮で幻想的な火祭りでおすすめ

京都の紅葉の名所!高雄神護寺では厄除けのかわらけ投げも

伏見稲荷大社に参拝後は「松の下屋」で献上抹茶をいただく観光プランがおすすめ