YouTubeからアノテーションやカードで外部リンクに飛ばすための条件と事前設定


アノテーションで外部サイトにリンクを飛ばしたいのに、飛ばせなくて困っています…。
Mami

Mami
YouTubeから外部サイトにリンクを飛ばすためには、「条件」と「事前設定」をクリアしている必要があります。

 

昨日は3ヶ月間のYouTubeコンサルティングを依頼して下さった方と、第1回目の対面コンサルティングをしてきました。

初回ということもあり、まずは「One Channel」と呼ばれるYouTubeの役立つ様々な機能を説明しつつ、設定が不十分なところを一緒に作業してきました。

そんな中で頂いた質問「アノテーション」について、この記事ではご紹介していきます。

アノテーションとカード機能とは

アノテーションとは

2017年5月2日で、アノテーション機能は廃止されることが発表されました(YouTube公式ブログより)。

5月2日以降は、すでに設定したアノテーションはちゃんと表示するものの、新たにアノテーションを動画に付け加えることはできません。

今後はカード機能を活用してください。

アノテーション機能というのは、YouTubeで動画再生中に「文字による告知ができる機能」になります。

 

そのため、目的に合わせて、以下のような告知をするのがいいです。

  • チャンネル登録してね♪(=ファンを増やすため)
  • 次の動画もみてね♪(=滞在時間を伸ばすため)
  • ○○の詳細は説明文も見てね♪(=動画で説明した内容のさらなる情報を伝えるため)

 

そしてアノテーション機能の良いところは、文字にリンクを貼り、指定の外部サイトに飛んでもらえる点です。

 

ただしアノテーションはPCから動画を観ている場合にしか機能しませんでした。

今は利用者の約50%がスマホから動画を観ている時代。

そこで新たに登場したのが、カード機能になります。

カードとは

カードは、PCからでもスマホからでも機能します。

YouTubeカード機能

カード機能の役割はアノテーション機能とほぼ同じなのですが、大きな特徴としては文字だけでなく、画像も表示させて告知できる機能である点です。

  • 画像
  • タイトル
  • 行動を促すフレーズのテキスト

をカードの種類に応じてカスタマイズでき、外部サイトの URL をリンク先として使用できます。

YouTubeのアノテーションやカードを使えるようにするための「2つの条件」

アノテーション機能やカード機能は誰でも使える機能なのですが、2つの利用資格要件を満たしていることが必要です。

  1. アカウントが確認済みである
  2. アカウントが良好な状態である

YouTubeの様々な機能を使ったり、サービスを活用したりするためには、必ずこの2つは条件に入ってきます。

普通にYouTubeチャンネルを運営されていれば問題はありませんが、著作権やコミュニティガイドラインに引っかかると、アカウントが良好な状態ではなくなり、利用できる機能やサービスが一定期間制限されます。

YouTubeアカウントの状態の確認方法

YouTubeステータスと機能
  1. YouTubeに「ログイン」
  2. 右上アイコンをクリックして「クリエイターツール」を表示
  3. 左側メニューの「チャンネル」の中にある「ステータスと機能」をクリック

このステータス画面ではアカウントが良好な状態かの確認だけでなく、

  • 外部アノテーション機能
  • 収益受け取り(アドセンス)
  • カスタムサムネイル

など様々な便利な機能の設定もできます。

YouTubeのアノテーションやカードを使えるようにするための「事前設定」

ウェブサイトにリンクするアノテーションやカードを作成するためには、YouTube アカウントで、そのサイトを「関連ウェブサイトとして事前登録」する必要があります。

 

  1. クリエイターツール>チャンネル>詳細設定に移動
  2. [関連付けられているウェブサイト] 欄に URL を入力
  3. まだ確認済みではないサイトの場合は [保留] と表示されます。
  4. そのウェブサイトを所有している場合、またはウェブサイトの所有者に承認をリクエストする場合は、URL 入力欄の下にある [確認] をクリックします。そうすると、GoogleのSearch Consoleに移動します。
  5. Search Consoleで、自分のYouTubeチャンネルと同じGoogleアカウントにログインしていることを確認
  6. あとは表示される手順に従い、Search Consoleにサイトを追加(確認方法を選択するよう求められる場合もあります)
  7. Search Consoleにサイトを追加すると、確認手続きが開始されます。
  8. 確認が完了すると、ウェブサイトのステータスが [保留] から [完了] に変わります。

以上で、事前設定は終了になります。

 

その後、追加したウェブサイトの任意のページへ視聴者を誘導できるアノテーションやカードを設定できるようになります。

最初は少し面倒ですが、外部サイトへ誘導できるこのアノテーション機能やカード機能は使わないともったいないので、ぜひ設定してみてください。

以上「YouTubeアノテーションとカード」についてご紹介しました。

関連記事

YouTubeチャンネル登録者を増やすロゴの透かしの使い方と設定方法

YouTube自己紹介を兼ねたウエルカム動画を設定してチャンネル未登録者へアピー...

YouTubeチャンネルの表示をカスタマイズできる一覧ビューの設定方法

YouTube再生リストの「高く評価した動画」を非公開にする方法

YouTubeにどんな検索ワードで流入したのか調べるならトラフィックソースを確認...

使わないと損!YouTube説明文とタグのデフォルト設定