世界遺産アンコールトムのおすすめ観光スポット6選。トリック写真にも挑戦を!

Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事では、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡群」の一つ、アンコールトムのおすすめ観光スポットをご紹介します。

回廊レリーフの内容が面白かったり、「クメールの微笑み」とトリック写真を撮ったり、色々と楽しめる遺跡でした。

アンコールトムの入場料

アンコール遺跡群を巡る際には「アンコール・パス」という共通チケットを使います。

  • 1日券 $37
  • 3日券 $62
  • 7日券 $72

この共通チケットがあれば、シェムリアップ市内から車で約1時間半以内の距離に点在する遺跡のほとんどに入場することが可能です。

もちろん今回のアンコールトムにも、このアンコールパスで入場できます。

アンコールトム

アンコールトム内には遺跡が多数点在していますので、この記事では、

  • 南大門
  • バイヨン
  • バプーオン
  • ピミエナカス
  • 象のテラス
  • ライ王のテラス

に絞ってご紹介します。

特にバイヨンの四面仏顔塔は必見です。

南大門

アンコールトムの南大門。

 

ナーガと阿修羅

橋の欄干にはヒンドゥー教の天地創造神話「乳海撹拌」を表した像があり、9つの頭を持つ蛇神「ナーガ」を阿修羅(参道左側)と神々(参道右側)が引っ張り合っています。

一部の阿修羅の顔は真新しい印象を受けますが、これらは日本によって修復されたものだそうです。

ただし元から欠けていた部分は「あえて」欠けを残す形で日本は修復したそうです。

そうすることで、風化により他の像と同様の色味に変化した際、違和感なく歴史を感じられるからでしょうか。

周りは堀で囲まれており、なみなみと水を湛えていました。

 

と、お仕事を終えた像さんたちが登場!

 

実は、南大門をくぐった脇には、3匹のゾウの像が彫られています。

バイヨン

アンコールトムの中央に位置するバイヨン。

 

54基の巨大な四面仏顔塔が立ち並んだ、神秘的な空間です。

 

「クメールの微笑み」と称されるだけあり、どれも柔らかなお顔をされています。

 

バイヨンの第一回廊には、当時の様子がわかるレリーフも沢山残されています。

例えば、この耳たぶが長い人々はクメール人(カンボジア人)を表しています。

乗り物としてゾウと馬が使われていたことが分かります。

 

この独特の帽子を被っている人々は中国人です。

中国の歴史ドラマなどでお馴染みの格好ですよね。

今でもカンボジアの上流階級には中国人が多いそうです。

 

この舟に乗を漕いでいる、兜を被った人々はチャンパ人(ベトナム人)です。

兜の形が独特ですね。

戦の様子以外にも、

  • 漁業
  • 食事の支度
  • 闘犬
  • 出産
  • カメにお尻を噛まれて振り返る人

など当時の日常生活の様子が分かるレリーフも沢山彫られています。

絵画もレリーフも、意味が分かるとより楽しいですね。

 

柱には「アプサラ(踊る天女)」のレリーフがあちこちに彫られています。

 

レリーフ読解が楽しくてテンションが上がり、アプサラと一緒に舞を(笑)

バプーオン

「隠し子」という名の遺跡。

内戦が多く起こった時代に王座についたウダヤディティヤヴァルマン2世が、国家が鎮まることを願って建てた、ピラミッド型のヒンドゥー教寺院です。

 

パブーオンへと続く長さ200mの空中参道は、地上と天上を繋ぐ虹の架け橋を意味したそうです。

ピミエナカス

王宮の敷地中央にある、ピラミッド型のヒンドゥー教寺院です。

王族が儀式を行う場であり、一般人は近くことも禁止されていました。

「女性に姿を変えたナーガと王は毎晩交わらなければならず、怠れば災いが起こる」という言い伝えが残っているそうです。

ラテライト(紅土)で造られているため、時を経た今では、とても脆い感じです。

象のテラス

閲兵に使われた、長さ350mのテラス。

写真はテラス中央からの眺めです。

まっすぐに伸びている道は「勝利の門」へと続いています。

当時のジャヤヴァルマン7世はここに立ち、芝生になっている部分に並ぶ何千もの兵士たちを鼓舞したり、勝利宣言をしたりしていたのかな。

なお「象のテラス」と称されているように、高さ約4mの壁いっぱいにはゾウの彫刻がずらりと施されていました。

ライ王のテラス

王宮前広場に造られた高さ6mのテラスです。

テラスにはライ王(ハンセン病にかかった王)と考えられた像(現場にあるのはレプリカ)がありますが、近年の調査により、ヤマ神(閻魔大王)の像であることが判明したそうです。

壁と壁の間には、神々の像が所狭しと刻まれています。

ただ元々の壁の強度が弱いため、現在は補強壁に覆われている部分もありました。

バイヨンでのトリック写真の楽しみ方

バイヨンでは「クメールの微笑み」とのトリック写真を撮るのが人気です。

どの仏顔塔でもできるので、あなた好みの顔を見つけ、鼻やおでこを仏様と擦り合わせているかのように撮ります。

 

しかし!

平たい顔族の私には難易度が高かった…。

鼻があと1cm高ければ…。

あなたもバイヨンを訪れた際には、ぜひ試してみてください。

そして、もし私と同じ平たい顔族なら、新しいポーズを考えながら訪れるのがおすすめです。

以上、アンコールトムのおすすめ観光スポットをご紹介しました。

 

▼アンコールトム観光にも便利!シェムリアップのおすすめホテル

シェムリアップで最高峰のホテル「ヴィクトリア・アンコール・リゾート・アンド・スパ」 カンボジア・シェムリアップといえば、アンコール...
旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

シェムリアップ最高級ホテル!ヴィクトリア アンコール リゾート アンド スパに宿...

コーケー遺跡群は行く価値あり!プラサットトムはクメールの七段ピラミッドだった

世界遺産の街シェムリアップを個人で観光するために知っておきたい7つのこと

アンコールワットの観光を堪能する方法とおすすめホテル3選

やっぱり絶景!世界遺産アンコールワットを早朝と午前中に観光する場合のおすすめポイ...

アンコール王朝最初の都!ロリュオス遺跡群バゴン遺跡へ行ってきました