まさにラピュタ!世界遺産ベンメリア遺跡は木の根に飲み込まれんばかり

Mami

Mami
こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事では、カンボジアの世界遺産「アンコール遺跡群」の一つ、「ベンメリア遺跡」の観光レポをお届けします。

まさに『天空の城ラピュタ』の世界でした。

ベンメリア遺跡の入場料

ベンメリア遺跡の入場料は$5です。

アンコール遺跡群に入場できる共通チケット「アンコールパス」の対象ではないので、別途チケット購入が必要です。

ベンメリア遺跡

ベンメリア遺跡はジャングルに埋もれたヒンドゥー教の巨大寺院。

 

参道にはカンボジアの各遺跡でお馴染みのナーガ(9つの頭を持つ蛇神)が。

このナーガは保存状態がいいので、細かな彫りまで観察できます。

日射しがとても強いカンボジアを旅するなら「飲む日焼け止め」は心強いアイテムです。

 

参道を抜けると、鬱蒼としたジャングルと遺構が見えてきました。

あちこちに崩落した石材があり、保存状態があまりよくありません。

でもこの荒廃した雰囲気が、多くの観光客を惹きつけているのも事実…。

 

そして、こちらが『天空の城ラピュタ』のモチーフになったとも言われている第3回廊の遺跡です。

確かに、天空に昇っていく最後のシーンを彷彿とさせます。

 

横から見てみると、ガジュマルの根に飲み込まれているのがよく分かります。

 

後ろから見てみると、もう完全に崩壊し、木の根が伸び放題でした。

 

外周を楽しんだら、次は内部へ進んで行きます。

決してレリーフが多い遺跡ではありませんが、所々、彫刻が残っています。

3頭のゾウの像が隠れていたり(写真下側)。

 

こちらは当時の図書館(経堂)。

ベンメリア遺跡は回廊や堂塔の配置などがアンコールワットと似ているため、練習台として造られたのではないかとも言われているそうです。

 

ベンメリア遺跡の内部は、写真ように遊歩道が設置されているので、ジャングルの中を迷うことなく観光できます。

また遺跡の周りにも森は広がっており、その巨木のツルは驚くほど太い!

ということで、太いツルに座って写真撮影する人々もちらほらいました。

 

綺麗な連子窓もあちこちに。

ガジュマルに飲み込まれているベンメリア遺跡。

とても雰囲気のある遺跡でした。

Mami

Mami
ベンメリア遺跡まで来たら、もう少し足を伸ばして「コーケー遺跡群」を訪れるのもおすすめです。

観光客はまだまだ少ない場所ですが、クメールの七段ピラミッドなどを楽しめます。

 

▼ベンメリ遺跡の観光にも便利!シェムリアップのおすすめホテル

シェムリアップで最高峰のホテル「ヴィクトリア・アンコール・リゾート・アンド・スパ」 カンボジア・シェムリアップといえば、アンコール...

 

飲む日焼け止め歴4年目になりました

「塗る」日焼け止めはこまめに塗り直すのが面倒だったので、「飲む」日焼け止めを飲みはじめて4年目になりました。

1日1回飲むだけと手軽なので、意外にも続けられています。

「実際に飲み比べてみた結果ランキング」を先にチェックする→ 飲む日焼け止めとは 飲む日焼け止めサプリは、紫外線に弱い欧米人向...

関連記事

アンコール遺跡での夕日鑑賞ならプレループがおすすめ

世界遺産の街シェムリアップを個人で観光するために知っておきたい7つのこと

シェムリアップ最高級ホテル!ヴィクトリア アンコール リゾート アンド スパに宿...

絶景!世界遺産アンコールワットを早朝と午前中に観光する場合のおすすめポイント

コーケー遺跡群は行く価値あり!プラサットトムはクメールの七段ピラミッドだった

アンコール遺跡の入場料は?共通チケット「アンコールパス」の購入方法