スリランカのビーチリゾートホテルならヘリタンスアフンガッラがおすすめ!

ヘリタンスアフンガッラでの一枚
Mami
Mami

こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

 

この記事では、スリランカのアフンガッラにある、海と一体化したインフィニティプールが素敵なホテル「ヘリタンスアフンガッラ(Heritance Ahungalla)」をご紹介します。

スポンサーリンク

ヘリタンスアフンガッラは至高のビーチリゾートホテル

ヘリタンスアフンガッラは、ゴール近くのアフンガッラという場所にあり、

スリランカの有名建築家ジェフリー・バワの最高傑作との誉れも高いビーチリゾートホテルです。

バワはどこまでも続く水平線とプールの水面が溶け合う「インフィニティプール」の生みの親で、

このヘリタンスアフンガッラにも素敵なインフィニティプールがあります!

プールの先は、もうビーチ!

ヘリタンスアフンガッラのウェルカム

まずは涼しげなエントランスロビーでチェックイン。

 

スリランカ式のおもてなし、砂糖・フェンネル・カルダモンをいただきつつ手続き。

フェンネルやカルダモンはやはり口に残ってしまい苦い…。

 

ウェルカムジュースで口の中の苦みは解消。

スタッフさんたちもとても丁寧な対応で好感が持てます。

ヘリタンスアフンガッラの室内

ホテルはとても広く、くねくね曲がりながらお部屋に到着。

北欧スタイルのお部屋でとても素敵!

机も椅子もソファーもあります。

 

枕もベッドもふっかふか。

 

お水も補充されています。

 

お茶はスリランカらしくムレスナでした。

 

水廻りはこじんまりしているけど綺麗。

 

シャワーヘッドも動かせるので快適。

 

シャンプー・シャワージェル・石鹸が用意されています。

 

トイレの洗浄は大小選べるエコ仕様。

 

部屋にはクーラーもファンもついていて、調節もできます。

体重計やヘアドライヤーもありました。

 

部屋からの眺めは涼しげなプール。

ヘリタンスアフンガッラには屋外プールが2つあり、そのうちの1つです。

 

無料Wi-Fiもありますが、スリランカは全体的にまだインターネットのスピードは遅いので、写真のアップロードなどは時間がかかりますが、メールの読み込みであれば問題ありません。

 

夕方になるとウェルカムフルーツもいただきました。

ヘリタンスアフンガッラの食事

プールバー

カフェは改装中だったのでプールバーで昼食を。

 

ライトミール系は充実していて、味も美味しかったです。

チーズトーストRs690(約500円)なり。

 

野生のリスもやってきて、他の客が残したフライドポテトを奪取していた。

リスって木の実だけを食べるわけではないんだ、と知った瞬間。

 

他のお客さん達はプールを楽しみつつ、ビールを飲みに来ていました。

ゆったりビーチリゾートホテルならではの光景。

夕食

レストランはビュッフェが用意されていたけれど、

お願いすればアラカルトも準備してもらえます。

 

昼食が遅かったこともあり、夜は軽めのスープに(Rs440)。

ちなみに注文した紅茶ですが、会計時には無料になっていました。

昼食時も同じだったのですが、食事をオーダーしたからかな?

 

部屋に戻る時に気付いた素敵なウォールペイント☆

朝食

朝食はビュッフェ形式。

全体的な種類は他のホテルに比べると少なめですが、パンの種類は豊富でした。

 

フルーツやヨーグルトもたっぷり。

 

ビーチを眺めながらの朝食は気持ちが良いです!

ヘリタンスアフンガッラのビーチ

先ほどご紹介したインフィニティプールの先にあるイス。

 

近くでみるとこんな変わった造りの、目の錯覚を上手く利用したイスでした。

 

インフィニティプールの先には、どーんと雄大な海と空が広がっています。

どこまでも続く海と空には感動します。

 

ただし1点注意があります。

ビーチではツアーガイド達がさりげなく近づいてきます。

地元の人かと思って気さくに話していると、いつの間にか隣村へのツアーの紹介が始まります。

ハッキリ断れば何の問題もありませんが、煩わしい場合はプールサイドまで戻れば、ホテルの敷地になるのか話しかけてはきません。

 

キャッチのツアーガイドを断った後は童心に戻って砂遊びしてみたり、

 

ビーチヨガをしてみたり。

当日は曇りだったので見れませんでしたが、晴れの日であれば夕暮れ時はとても美しい場所です。

リゾートマニアにおすすめ!

スリランカのビーチリゾートホテルなら、バワの最高傑作との誉れも高いヘリタンスアフンガッラ一択です!