HFイパネマポルトはポルト連泊にもおすすめの4つ星ホテル!

Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事ではポルトガル第2の都市、ポルトで連泊する際にもおすすめの4つ星ホテルHF イパネマ ポルトHF Ipanema Porto)」の宿泊レポをお届けします。

ポルト観光に便利なホテル「HF イパネマ ポルト」

ポルトも、リスボンに負けず劣らず坂の多い街。

そんな坂の中腹に建っているのが4つ星ホテル「HF イパネマ ポルト(HF Ipanema Porto)」です。

街の中心部からはバスで15分ほど離れていますが、複数ある最寄りのバス停からは徒歩5分ほどなので、立地は悪くありません。

また歩くと30ほどかかりますが、街散策をしていたら、意外とあっという間に辿り着きます。

HF イパネマ ポルトのロビー

HF Ipanema Portoのロビー

ロビーに一歩踏み入れると、感じよくスタッフが迎えてくれました。

カウンター脇には、ウェルカムドリンクのりんごジュースが用意されていました。

チェックインをスムーズに済ませて、いざお部屋へ。

ホテルHFはリスボンとポルトに、3つ星から5つ星まで、複数のホテルを展開しています。

ちなみにポルトにある「HF イパネマ パーク(HF Ipanema Park)」は5つ星ホテルです。

現在、ヨーロッパの多くの都市において、滞在の際に宿泊税(City Tax / Turistic Tax)が導入されています。

チェックインもしくはチェックアウトの際に現金で支払います。

ポルトでは1人あたり1泊につき2ユーロ支払う必要があります(13歳以上 / 8泊以上でも宿泊税は最大7泊分まで)。

HFイパネマポルトの室内

建物自体は古い香りがしましたが、お部屋は広くて、改修されたのか新しい雰囲気がしました。

 

ベッドも広くて、枕がたくさん用意されているので、ふわふわの中で眠れます。

 

クローゼットは壁一面に設置されているので、コートやワンピースも吊りやすいです。

 

ペットボトルのお水はありませんでしたが、ポットに、紅茶とコーヒーは用意されていました。

 

気になったのはもう一室。

子供部屋なのか、2段ベッドに、可愛らしい絵が飾られていました。

お子さんを連れての宿泊にも最適なようです。

 

バスルームは明るく清潔感があり、広さもあります。

個人的にはバスタブがついているだけでなく、シャワーが日本のように可動式なのも嬉しいポイントでした。

温度も、水圧も十分で、快適なお風呂タイムを過ごせます。

 

ドライヤーは持ち手部分全体を握ることでスイッチが入るタイプで、風力も十分にありました。

 

アメニティは

  • シャンプーインコンディショナー
  • ボディーソープ
  • ボディークリーム
  • シャワーキャップ
  • コットンと綿棒のセット

でした。

ヨーロッパのホテルとしては十分ではないでしょうか。

ホテルの無料WiFiもサクサク快適に動くので、写真や動画のやりとりもしやすいです。

HFイパネマポルトの朝食・レストラン

そしてポルトでの連泊にHFイパネマポルトをおすすめする最大の理由が、朝食ビュッフェにあります。

 

パン、ハム、チーズ、ドリンク、ホットミール、それぞれが種類豊富で、味も美味しいんです

 

また今回は3泊したのですが、毎日少しずづメニューが変わるのも飽きが来なくて嬉しいポイントです。

ある日は、マッシュルームと豆腐の炒め物が用意されており、ポルトガルでも豆腐を食べるのだと知りました。

 

中でも毎回楽しみだったのが、ポルトガルの名物スイーツ、パステル・デ・ナタ(エッグタルト)と、

 

日替わりの菓子パンです。

パステル・デ・ナタは甘すぎず、冷めていても美味しかったです。

ボーラ・デ・ベルリン(Bolas de Berlim)はカスタードクリーム入りと聞いていましたが、ホテルのボーラ・デ・ベルリンはクリームなしの揚げドーナツでした。

 

その他、朝食ビュッフェなのにワインが用意されていたり(私はお酒が飲めませんが、ポルトなのでポートワインなのでしょうか)、

 

紅茶はポットでたっぷりと飲めるので、寒い朝、体を温めるには最適でした。

このホテルの料金・空室をみる

ホテルの目の前には地元で人気のレストランもある

Capa Negra II

朝食が美味しいホテルなので、夕食もホテルのレストランでもいいかもしれません。

でも、実はホテルの斜め前には地元で大人気のレストラン「Capa Negra II」があるんです

ホテルの方が「肉料理も魚料理もあって、ポルトガルの様々な料理が味わえるからおすすめだよ」と教えてくれたんです。

実際、美味しかったですし、価格もリーズナブルでした。

また食後はすぐにホテルに戻れる距離なので、一日観光で出歩いた後に助かりました。

20時頃になるとかなり混んできますが、店内は奥まで広いので、意外と席は見つかるかと思います。

繁盛店でスタッフの方々は忙しくされているのと、年配のおじさまスタッフが多く、英語が話せるスタッフが少なかったので、メニュー内容の確認が少し大変でしたが、こうしたやりとりも旅の醍醐味。

 

カルド・ヴェルデ(Caldo Verde)

カルド・ヴェルデ(Caldo Verde)2.50ユーロ

ポテトスープをベースに、千切りのチリメンキャベツを煮込み、オリーブオイルを加えたポルトガルの定番スープ。

日本の味噌汁のような存在とか。

見た目よりもあっさりしていて、美味しかったです。

 

フランセジーニャ(Francesinhas)

フランセジーニャ(Francesinhas)8.60ユーロ

ポルトのB級グルメと言えばコレ!

「フランスの女の子」という意味の、ポルトガル版クロックムッシュです。

 

フランセジーニャ(Francesinhas)

でも可愛らしい名前とは裏腹に…

ステーキと、ピリ辛ソーセージと、オリーブ入りのハムを挟んだパンに、スライスチーズが3枚ほどのり、ピリ辛のトマトソースがたっぷりかかっているので、

美味しいですが、かなりガツンとお腹にたまります。

地元の人々はこれにフライドポテトや目玉焼きを加えているバージョンを食べていたので、その胃袋の強さに驚きました。

 

お部屋は広くて、バスルームも明るく清潔。

朝食ビュッフェは種類が多く、日替わりメニューも。

さらにホテルの目の前には地元で大人気のレストランがあるので、夕食にも困りません。

見所が多い世界遺産の街ポルトで連泊する際にも、ホテルHFイパネマポルトなら快適に過ごせます

このホテルの料金・空室をみる

旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

アンダンテツアー

ポルトのアンダンテカードを徹底解説!3種の違い・料金・買い方・使い方は?

ホテルナシオナルリスボンは駅まで徒歩5分!スーパーまで徒歩1分と好立地

リスボン空港のANAラウンジ

リスボン空港にあるANAラウンジをプライオリティパスで無料利用してきました

ポザーダ・カステロ・デ・オビドスのレストラン

古城ポザーダ・カステロ・オビドスで優雅な宿泊!人気の朝食レストランは?

コインブラ駅から徒歩5分!ステイホテル(アルメディナコインブラ)の宿泊レポ

憧れのポザーダに泊まろう!ポルトガルのホテルの種類と宿泊税まとめ