憧れのポザーダに泊まろう!ポルトガルのホテルの種類と宿泊税まとめ

Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事では、日本ではあまり耳馴染みのないポルトガルの宿泊施設の種類と宿泊税についてご紹介します。

ポルトガルのホテルの種類

ポルトガルには高級ホテルから経済的なペンションまで、あらゆるランクの宿があるので、予算や目的に合わせて宿泊施設を選びやすいです。

また料金もヨーロッパ各国の中では比較的安く、清潔な宿が多いので、快適な旅ができます。

ただ「ポザーダ」「エスタラージェン」「アルベルガリア」など、日本ではあまり耳馴染みのない「宿泊施設タイプ」があるので、この記事では特徴を比較しながらご紹介していきます。

一度は泊まってみたい「ポザーダ」

ポザーダ(Pousada)は、古城や王宮など歴史的建造物を改装したり、景勝地に建てられた、ポルトガルらしさを満喫できる国営のホテルのことです。

古城、王宮、修道院、貴族の館など国の重要文化財でもある建造物を改装した「ヒストリカル・ポザーダ」と、自然景勝地や歴史的な場所に比較的新しく建てられた「リージョナル・ポザーダ」に分けられています。

ポルトガル全土に32軒あり、手頃な料金で優雅な雰囲気が味わえるとあって、旅行者に大変人気があります

中でも、オビドスエボラエストレモスのポザーダは人気が高く、部屋数も少ないので、早めの予約が必要です。

またレストランやバーは宿泊客でなくても利用できるポザーダが多いので、食事などに立ち寄って雰囲気を味わうという方法もあります。

▼オビドスのポザーダの宿泊レポはこちら

ポザーダ・カステロ・デ・オビドスのレストラン
ポザーダとは? 古城や王宮、修道院など歴史的建造物を改装したり、景勝地に建てられた、ポルトガルらしさを満喫できるホテルのことで...

ホテル

Hotelはポルトガル語では「オテル」と発音します。

1つ星〜5つ星までランク分けされており、3つ星以上なら快適な設備が期待できます。

なおレジデンシャル(Residencial)と名のっているホテルは、レストランがないホテルを指します。

アパートホテル

アパートホテル(Hotel Apartamento)は、家具やキッチンを揃えながら、ホテルサービスを行う施設です。

長期滞在者向きで、1つ星〜5つ星まであります。

家具やキッチンが揃っているというと、Airbnbのような民泊をイメージしやすいですが、ホテルサービス付きなので、荷物の保管サービスや空港シャトルバスサービス、ランドリーサービスなどが受けられます。

たとえば愛用しているホテル料金比較サイト「ホテルズコンバインド 」で検索してみると、

ポルトガルの首都リスボンにはアパートホテルが410軒ありました。

エスタラージェン

エスタラージェン(Estalagem)は、由緒ある建物を改装したり、歴史的名所や自然景勝地に建てられた宿泊施設です。

2つ星〜4つ星があり、設備はほぼホテルに匹敵します。

ペンサオン

ペンサオン(Pensao)はホテルより小規模な宿泊施設で、1つ星〜4つ星があります。

大体3つ星のペンサオンが2つ星ホテルに相当すると言われています。

なおレジデンシャル(Residencial)と名のっているペンサオンは、レストランがないペンサオンを指します。

アルベルガリア

4つ星クラスのペンサオンで、立地条件から例外的にペンサオンと区別された宿泊施設を指します。

トゥリズモ・デ・アビタサオン

トゥリズモア・デ・アビタサオン(Turismo de Habitacao)は、旧家や荘園主の居宅を、旅行者が宿泊できるよう改装したマナーハウスです。

Casa〜、Quinta〜といった名前がついていることが多いです。

たいていは町から離れた不便な場所にありますが、ポルトガルならではのユニークな宿泊施設として、特に車で旅する人におすすめです。

宿泊税について

現在、ヨーロッパの多くの都市において、滞在の際に宿泊税(City Tax / Turistic Tax)が導入されています。

ポルトガルも例外ではなく、チェックインもしくはチェックアウトの際に現金で支払います。

宿泊税の金額は都市によって異なりますが、1人あたり(13歳以上)、1泊につき、下記の通りです。

都市 宿泊税
リスボン 2ユーロ
カスカイス 1ユーロ
ポルト 2ユーロ
シントラ 1ユーロ

ただしシントラでは4泊以上しても3泊分のみ、それ以外の都市では8泊以上しても7泊分のみが課税されます。

ポルトガルでホテル代が一番お得なのはいつ?

ポルトガルでは季節によって料金が異なり、

  • 4月〜10月をハイシーズン
  • 11月〜3月をオフシーズン

と定めているホテルが多いです。

なのでお得に泊まりたいなら、オフシーズンの11月~3月を狙うべきです。

Mami

Mami
ちなみにポルトガルの各市内を走るバスも、この夏と冬のシーズン区別に従い、時刻表が変わることが多いです。

ただ最近ポルトガルは旅行者が急増しており、

  • 夏のバカンスシーズン
  • お祭りの期間
  • イースター休暇
  • クリスマスから年末年始にかけて

は特に混み合うので、気になるホテルは早めに予約しておくと安心です。

 

旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

ユーレイルパス

ユーレイルパスは本当にお得?ポルトガル鉄道旅を通じてメリット・デメリットを検証

ユーレイルパスとは

ユーレイルパスとは?購入方法・使い方・座席予約・料金・割引を徹底解説

ポルト空港でSIMカードを購入できる店

ポルトガル旅行で気になるホテルWiFi・SIMカード・海外レンタルWiFi情報ま...

ホテルナシオナルリスボンは駅まで徒歩5分!スーパーまで徒歩1分と好立地

ポルトカード

ポルト観光に最適!ポルトカードの割引特典・購入場所・使い方は?

アンダンテツアー

ポルトのアンダンテカードを徹底解説!3種の違い・料金・買い方・使い方は?