古城ポザーダ・カステロ・オビドスで優雅な宿泊!人気の朝食レストランは?

ポザーダ・カステロ・デ・オビドスのレストラン
Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

ポルトガルと言えば、一度は泊まってみたいポザーダ!

ということで、今回はポルトガル・オビドスにある「ポザーダ・カステロ・オビドス(Pousada Castelo de Obidos)」の宿泊レポをお届けします。

ポザーダとは?

古城や王宮、修道院など歴史的建造物を改装したり、景勝地に建てられた、ポルトガルらしさを満喫できるホテルのことです。

ポルトガル全土に32軒あり、手頃な料金で優雅な雰囲気が味わえるとあって、旅行者に大変人気があります。

中でも、この記事でご紹介するオビドス、そしてエボラエストレモスのポザーダは人気が高く、部屋数も少ないので、早めの予約が必要です。

オビドス観光におすすめ!憧れのホテル「ポザーダ・カステロ・オビドス」

オビドスは「谷間の真珠」と称される可愛らしい町で、代々の王妃に愛されてきました。

城壁に囲まれており、目抜き通りをまっすぐ進んだ場合、入り口から最奥まで徒歩10分ほどのサイズ感です。

 

ポザーダ・カステロ・オビドス

そんな町に築かれた古城を改装したのが、ポザーダ・カステロ・デ・オビドス(Pousada Castelo de Obidos)です。

 

ポザーダ・カステロ・オビドス

まずはレセプション棟でチェックインをします。

優雅な5つ星ホテルなだけあって、スタッフの方々の対応がとても丁寧です。

そして何よりも驚いた接客が、女性ゲストを「My Queen(私の女王様)」と必ず呼びかけることです。

さすが古城のホテル。

おそらく男性ゲストには「My King」、お子さんがいらしたら「My Princess」や「My Prince」と呼びかけているのではないでしょうか。

 

その他、チェックイン時には、このポザーダを運営しているペスターナグループ(Pestana)の会員カードが無料発行されます。

レストランやスパの利用、同グループが運営する各ホテルに宿泊する際、この会員カードを提示することで各種割引を受けられます。

ポザーダ・カステロ・オビドスの室内

チェックインが済んだら、客室棟に移動します。

 

入り口を抜けると真っ白な建物が。

この真っ白な建物に、客室と人気のレストランがあります。

 

ちなみにレストランは2階にあります。

 

ポザーダ・カステロ・オビドス客室内はというと、写真では伝えきれませんが、かなり広く、間接照明でムーディーな雰囲気です。

 

ベッドも十分な大きさがあり、枕元にはウェルカムスイーツとして、一口チョコが置かれていました。

 

調度品やトレーも素敵です。

 

水回りは明るく清潔感があり、広さもあります。

シャワーは固定式と可動式の両方が用意されているので使いやすいですし、温度も水圧も十分で、快適なお風呂タイムを過ごせます。

洗面台が2つあるのも、朝の準備をスムーズにできて嬉しいです。

 

ヨーロッパのホテルなのでアメニティはわずかですが、ポルトガル・ポルトのブランド「キャステルベル(Castelbel)」の製品で、とてもいい香りです。

ちなみにキャステルベルの商品は、ポルトガル各都市の土産物店でも販売されていました。

靴磨きがついていたのも、地味に嬉しいです。

 

さらに今回のお部屋は、実はバスタブが別の部屋に用意されています。

(チェックイン時に「もしよかったら」とスタッフさんが提案してくれ、変更させてもらいました。)

キャンドルも用意されているので、ロウソクの火を灯しながら、幻想的なお風呂タイムを過ごせます。

ちなみに3つある塔の内部はスイートルームとなっており、1階がバスルーム、2階が寝室という贅沢な造りだそうです。

 

ホテルの無料WiFiもサクサク快適に動くので、写真や動画のやりとりもしやすいです。

このホテルの料金・空室をみる

ポザーダ・カステロ・オビドスの朝食・レストラン

ポザーダ・カステロ・デ・オビドスのレストラン

ポザーダ・カステロ・オビドスは客室だけでなく、レストランも優雅で素敵。

マヌエル様式の出窓にセットされた席からの眺めは最高です!

出窓席は数に限りがあり、席によって景色が変わります。

なお、このレストランは宿泊客以外も利用可能ですが、朝食は基本的に宿泊客だけなので、出窓席が満席になる可能性は少ないかと思います。

 

ただ夕食や夏の観光シーズンは満席になる可能席が高いので、絶対に出窓席がいいという場合には、予約しておくと安心かもしれません。

 

朝食ビュッフェでもワインが用意されています(写真の左端)。

 

ホットミールは少なめですが、パン、ハム、チーズ類は種類があります。

 

またフルーツ類も充実しており、

 

特にタンジェリン(Tangerine)が、早生のみかんのように酸味があって美味しかったです。

 

徐々に外が明るくなってきて、より風景が楽しめるようになってきました。

ぜひ優雅な気分で食事を楽しんでください。

このホテルの料金・空室をみる

ポザーダの裏手から城壁に登ることもできます

オビドスは城壁に囲まれた町であり、町を一望したいなら、城壁の上を歩くことができます。

そして城壁へ上がる階段が、ポザーダ・カステロ・オビドスの裏手にあります。

日中は観光客で混み合っていますが、朝方は人が少ないので、宿泊客の特権として、私は朝方ゆっくりと城壁の上を散歩しました。

注)城壁は、随時、修復工事が行われているので、時期によっては全ての階段が閉じられたり、登れる階段の場所が変わる可能性があります。

 

またポザーダ・カステロ・オビドスは城壁の頂に建っているので、街中へ出かける際は、写真のように街を一望することができます。

さらに宿泊客特権で、美しい夜景もホテルから眺めることができます。

 

以上、一度は泊まってみたいポザーダ・カステロ・オビドスでは、素敵な時間を過ごせました。

記念日をはじめ、優雅な時間を過ごしたいご夫婦やカップルにおすすめです。

このホテルの料金・空室をみる

旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

HFイパネマポルトはポルト連泊にもおすすめの4つ星ホテル!

コインブラ駅から徒歩5分!ステイホテル(アルメディナコインブラ)の宿泊レポ

ユーレイルパス

ユーレイルパスは本当にお得?ポルトガル鉄道旅を通じてメリット・デメリットを検証

アンダンテツアー

ポルトのアンダンテカードを徹底解説!3種の違い・料金・買い方・使い方は?

ホテルナシオナルリスボンは駅まで徒歩5分!スーパーまで徒歩1分と好立地

ポルトガル鉄道

ポルトガル鉄道で8都市巡り!電車の種類・CPアプリの使い方・割引は?