ポルトのアンダンテカードを徹底解説!3種の違い・料金・買い方・使い方は?

アンダンテツアー
Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事では、ポルトガル・ポルトの公共交通機関を利用する際に便利なアンダンテカードについてご紹介します。

私の失敗談も合わせてどうぞ!

アンダンテカードとは

アンダンテカード(andante)とは、ポルトの公共交通機関を利用する際に便利な乗車券です

詳細は後述しますが、乗車代がお得になるチャージタイプや、乗り放題タイプがあり、

  • メトロ
  • 市バス
  • ポルトガル鉄道の近郊線

で利用できます。

市電とケーブルカーには利用できません。

ポルトには、公共交通機関の乗り放題パスに加えて、観光名所の入場無料券・割引券も付いた「ポルトカード」というパスもあります。

3種類あるアンダンテカード

アンダンテカードは3種類あるので、利用頻度や利便性を考慮して選んでください。

種類 主な特徴
アンダンテ チャージ式
アンダンテ24 購入したゾーン内で乗り放題
アンダンテツアー 全ゾーン内で乗り放題

メトロの料金を決めるゾーンとは

ポルトのメトロは「ゾーン制」をとっており、移動したゾーンによって料金が決まります。

ゾーン 料金
ゾーン2 1.20ユーロ
ゾーン3 1.60ユーロ
ゾーン4 2ユーロ
ゾーン5 2.40ユーロ

例えばゾーン2というのは、ゾーン内または2つのゾーン内を移動する場合の料金となります。

ちなみにポルト空港はゾーン4に、観光名所はゾーン2にあります。

アンダンテ

アンダンテ(andante)は、日本のSuicaに該当するチャージ式の乗車カードです。

最初の購入時に発券代0.50ユーロがかかりますが、自動券売機でチャージすれば、何度でも使えます

ちなみに市バスを利用する際、車内で支払うと乗車代は2ユーロになりますが、アンダンテで支払うと1.20ユーロで済みます

アンダンテ24

アンダンテ24(andante24)は、購入したゾーン内であれば、メトロと市バスが24時間乗り放題になります。

アンダンテ24の有効期限は、1日単位ではなく、利用を開始した時間から24時間です。

ゾーン 料金
ゾーン2 4.15ユーロ
ゾーン3 5.20ユーロ
ゾーン4 6.40ユーロ

例えば、観光名所が集中しているゾーン2なら、4.15ユーロ(+発券代0.50ユーロ)で24時間乗り放題となります。

普通にアンダンテカードで乗車した場合のゾーン2の料金は1.20ユーロなので、24時間で4回以上メトロや市バスに乗れば元が取れます

アンダンテ24カードは、「乗り放題パス」としてだけでなく、チャージすることで、1回券や11回券のように「回数券」として利用することも可能です。

ただし「アンダンテ24」として購入すると、その分を使い切るまで、同じカードにチャージはできません。

アンダンテツアー

アンダンテツアー(andante tour)は、全ゾーン内で、メトロと市バス、ポルトガル鉄道の一部区間が乗り放題になります。

アンダンテツアーの有効期限も、日数単位ではなく、利用を開始した時間から24時間もしくは72時間です(2日券はありません)。

有効期限 料金
1日券(24時間) 7ユーロ
3日券(72時間) 15ユーロ

アンダンテ24との違いは、全てのゾーンでメトロと市バスが乗り放題なだけでなく、ポルトガル鉄道の近郊線も乗れる点です。

鉄道はポルト市内から「Valongo駅」「Espinho駅」「Travagem駅」までの区間が乗り放題です。

アンダンテの購入場所

アンダンテカードは

  • ポルト空港
  • ポルト市内の観光案内所
  • メトロの駅
  • ポルトガル鉄道の駅

など多くの場所で購入可能です。

メトロの発売機でのアンダンテカードの買い方

アンダンテの買い方1

メトロの各駅には写真のような発売機があちこちに設置されています。

右上には「andante」のマークがあります。

 

アンダンテの買い方2

発売機の画面の左下に、英語・フランス語・スペイン語と言語の切り替えボタンがあるので、「English」を選択します。

 

アンダンテの買い方3

新しくアンダンテカードを発券・購入する場合は「Buy」、すでに持っているアンダンテカードにチャージする場合は「Reload」を選択してください。

「Buy」を選んだ場合、チャージ式の「andante」か、乗り放題の「andante24」を選択します。

 

アンダンテの買い方4

チャージ式の「andante」を買う場合は、ゾーンや乗車回数(Title)を選びます。

アンダンテカードの使い方

アンダンテツアーの使い方

使い方はどのタイプも共通で簡単。

乗車のつど、駅の改札口や車内にある黄色い改札機にタッチするだけです。

チケットが有効であれば、ピッと音がしつつ、緑色のランプがつきます。

アンダンテ24とアンダンテツアー、どっちがお得?

アンダンテツアーは

  • ゾーンを気にする必要がない
  • ポルト空港から市内まで公共交通機関で移動、なおかつ市内観光にも公共交通機関を頻繁に利用するならアンダンテ24よりお得

ということで、旅行者向けとして販売されています。

私の場合、ポルト空港から市内まではウーバーを使ってタクシー移動したことと、世界遺産「ポルト歴史地区」をじっくり歩いて見て回りたかったので、「アンダンテ24(ゾーン2)」+「ポルトカードのWalker」の併用を考えていました。

アンダンテ24を買いたかったのに…

Mami

Mami
が!色々と選択を間違えたので、私の失敗談をご紹介します。

 

サンベント駅のチケット販売所

サンベント駅のチケット販売所

私は街の中心にあるサンベント駅(Sao Bento駅)に立ち寄った際に、窓口でアンダンテカードを購入しました。

前述のように、私は「アンダンテ24(ゾーン2)」と「ポルトカードのWalker」を併用しようと思っていたので、

Mami

Mami
andante24をください。

窓口スタッフ

窓口スタッフ
One day?

Mami

Mami
(24時間有効だから)Yes.

と会話をしつつカードを購入し、その場を立ち去りました。

 

アンダンテツアー

ところが数分後、カードをよく見ると「andante tour」となっていることに気づいたので、交換してもらおうと、同じ窓口のスタッフさんのところへ戻り、

Mami

Mami
andante24が欲しかったの。ゾーン2でしか使わないから。このandante tourはまだ使ってないから、交換して。
窓口スタッフ

窓口スタッフ
One dayって言ったじゃない。このままでもゾーン2で使えるわよ。
Mami

Mami
でも料金が少し変わるでしょ。まだ使ってないから交換して。
窓口スタッフ

窓口スタッフ
(しぶしぶ機械処理をしてくれるが)もう利用開始処理がされているから、交換はできないわ。
Mami

Mami
そんな…。

なぜ一度も使っていなかったのに、利用開始処理がなされていたのかは不明ですが、色々と落ち度は自分にありました。

  • andante24はゾーン別で料金が変わるのに、必要なゾーンについて伝えていなかった
  • どのゾーンの券が欲しいのか質問されないことについて、不思議に思わなかった
  • 1日券であるandante tourの存在を忘れていて、one dayと聞かれても不思議に思わなかった
  • 料金の違いに気づかなかった
  • カードを渡された時に確認しなかった

また窓口のスタッフさんも

「andante24は発売機でも買えるのに、わざわざ窓口に買いに来ている。観光客だからandante tourの24h(one day)がいいのだろう。」

と思われたのかもしれません。

差額は3ユーロほどと少額ではありますが、軽く凹みました(苦笑)

もしあなたもandante24を購入したいなら、ゾーンをきちんと伝えること、もしくは発売機で購入する方が失敗しないです。

実際に何回利用した?

利用頻度は個人差があるとは思いますが、私の場合は1日にメトロ1回しか乗りませんでした。

最終的にも、3泊して3回だけの利用だったので、チャージ式のandanteで良かったという結果です

世界遺産「ポルト歴史地区」をじっくり歩いて見てまわりたかったこともありますが、秋の涼しい気候だったこともポイントです。

一言先にお伝えするなら、「ポルトの坂道の傾斜はハンパなかった!」です。

ポルトの主要な観光名所は徒歩で回れる範囲に集中しており、地図で見ると近いのですが、実際に歩いてみると、だいたい上り坂か下り坂でした。

なので夏に観光する場合には、もう少し公共交通機関を利用しないと大変だと思います。

ぜひ観光目的や季節に合わせて、最適なタイプを選んでください。

▼こちらの記事も合わせてよく読まれています

ポルトカードとアンダンテカードの比較
ポルトカードとは ポルトカード(Porto Card)とは、ポルトの公共交通機関の「乗り放題パス」と、観光名所の「入場無料券または...
旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

ユーレイルパス

ユーレイルパスは本当にお得?ポルトガル鉄道旅を通じてメリット・デメリットを検証

ユーレイルパスとは

ユーレイルパスとは?購入方法・使い方・座席予約・料金・割引を徹底解説

ポルトガル鉄道

ポルトガル鉄道で8都市巡り!電車の種類・CPアプリの使い方・割引は?

HFイパネマポルトはポルト連泊にもおすすめの4つ星ホテル!

ポルトカード

ポルト観光に最適!ポルトカードの割引特典・購入場所・使い方は?

ポルトカードとアンダンテカードの比較

ポルトカードとアンダンテカードを徹底比較!ポルト観光に一番お得なのは?