ユーレイルパスは本当にお得?ポルトガル鉄道旅を通じてメリット・デメリットを検証

ユーレイルパス
Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

ヨーロッパを旅するにあたり、「ユーレイルパス」を検討される方は多いはず。

そこで、この記事では2週間のポルトガル鉄道旅の体験を元に、ユーレイルパスは本当にお得なのか、検証結果をお届けします。

ユーレイルパスは本当にお得なの?

ユーレイルパスとは

別記事にてユーレイルパスの詳細はまとめていますが、ユーレイルパスとはヨーロッパの各都市を周遊できる鉄道チケットです。

最大、ヨーロッパ31ヶ国、4万以上の都市をカバー。

日本のJRのような、各国の「国鉄」に乗り放題となるので、自由にヨーロッパ鉄道旅を楽しみたい方には最適です。

ただ、決して安いパスではないので、

「本当にユーレイルパスはお得なのかな?」
「その都度、乗車券を買った方が損しないのでは?」

と悩まれる方も多いはず。

そこで、私の実際のポルトガル鉄道旅を例に、検証してみたいと思います

Mami

Mami
先に結論をお伝えすると「金額的には元が取れなかったけれど、ストレスなく、自由に旅ができて良かった」と思っています。

実証!2週間のポルトガル鉄道旅はいくらかかった?

ユーレイルボルトガルパス

今回は2週間かけて、ポルトからリスボンまで南下する鉄道の旅を楽しむことに。

そこでユーレイルパスには様々な種類がありますが、「ユーレイル ポルトガル パス・1ヵ月間のうち5日間(2等車)利用可能なフレキシパス」を選択。

購入金額は134ユーロでした。

 

そしてポルトガル鉄道にて

  • ポルト
  • ギマランイス
  • ブラガ
  • アヴェイロ
  • コインブラ
  • オビドス
  • リスボン
  • シントラ

の8都市を旅しました。

急ぎの旅ではなかったので、追加料金がかかる特急列車は利用しませんでした。

では同じ区間・条件で、個別に乗車券を購入した場合の電車代を計算してみます。

日数 区間 電車代
ポルト〜ギマランイス €3.25
ブラガ〜ポルト €3.25
ポルト〜アヴェイロ €3.55
アヴェイロ〜コインブラ €5.35
コインブラ〜オビドス €14.25
オビドス〜リスボン €9.05
リスボン〜シントラ €2.25
合計 €40.95

計算の結果、個別に乗車券を購入した場合の電車代は40.95ユーロで済みました。

計算してみて、自分でもびっくり!

今回の旅の場合、金額だけで考えると、かなり損していました。

でも、この事実を把握しても、「ユーレイルパスをまた利用したいな」と思っています。

なぜなら気楽さと自由度が圧倒的だからです。

では次に、ユーレイルパスのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

ユーレイルパスのメリット

1)乗車券を購入しなくていい

ユーレイルパス最大のメリットは、乗車券をいちいち購入しなくていいことです!

券売機の使い方、購入区間のルールなど、都市によって大きく異なるので、特に初めて訪れる国や都市では、事前にリサーチしたり人に聞いたりと、乗車券を購入するだけで、かなりのストレスと時間がかかります。

また駅によっては、窓口や券売機に長蛇の列ができているので、乗車券を購入するためだけに時間を無駄にしてしまいます。

その点、ユーレイルパスを持っていれば、いちいち切符の購入方法を調べる必要がありませんし、長蛇の列に並ぶ必要もありません。

ストレスフリーですし、時間ギリギリまで観光に当てることができます。

2)圧倒的な自由度

圧倒的な自由度も、ユーレイルパスの大きなメリットです。

乗り放題パスなので、ユーレイルパス対象の鉄道会社の路線であれば、「どこまで乗ろうが」「何回乗ろうが」「途中下車しようが」自由です。

追加の電車代を気にする必要もありません。

3)旅程の変更がしやすい

乗り放題パスなので「気の赴くままにルートを変更」するのも自由です。

旅程をきっちり決めずに思いのままに旅する方や、他の予定次第で行き先変更の可能性がある方にとって、このメリットは大きいです。

また列車が遅れたり、乗り継ぎが上手くできなかった場合も、切符の変更や買い戻しなどが不要なのでラクです。

4)割引特典がある

ユーレイルパスを持っていると

  • フェリーが最大50%割引
  • 市内交通カードが最大50%割引
  • 美術館や博物館の入館料が最大50%割引
  • 各種ツアー料金が最大50%割引
  • ホテルが最大20%割引
  • カフェで最大10%割引

など各種特典が受けられます。

例えばポルトガルの場合、ポルト観光に便利な市内交通カード「ポルトカード」が最大25%割引となります。

5)利用後もギフトをもらえる楽しみがある

ユーレイルパスを利用した楽しい旅が終わった後、実はもう一つ楽しみが残っています。

それはユーレイルパスを指定の場所に送ることで、ギフトがもらえるんです。

送付先の住所(オランダ)はチケットカバーに印刷されているので、記入する必要はありませんし、切手も不要です。

ギフト到着までに3〜5ヵ月かかりますが、忘れた頃にプレゼントが届くなんてワクワクしますよね。

ユーレイルパスのデメリット

1)金銭面で元を取りにくい

ユーレイルパスの唯一のデメリットは、金銭面で元を取りにくいことです。

例えば今回の場合、電車で1時間くらいの距離の都市間での利用が多かったので、元が取れませんでした。

3時間くらいかかる長距離移動を頻繁に繰り返さないと、元は取れなそうです。

2)鉄道会社の早割の方がお得な場合も

鉄道会社によっては「早割」があるので、綿密に計画を立てる方なら、早割で乗車券をオンライン購入した方が断然お得になるケースもあります

例えばポルトガル鉄道の場合、最大65%割引となります。

割引といえば、子供割引やユース割引、シニア割引もあります。

ただ対象年齢が国や鉄道会社によって様々なので、年齢による割引の利用を考えている方は、年齢確認を忘れずにしてください

例えばユーレイルパスとポルトガル鉄道を比較してみると、下のようになります。

ユーレイルパス ポルトガル鉄道
子供割引 0〜11歳 0〜12
ユース割引 12〜27歳 13〜25
シニア割引 60歳以上  65歳以上

3)購入時点で期間を決めないといけない

ユーレイルパスは様々な種類がありますが、どれも有効期間が設定されているので、購入時点で旅の期間を決めないといけません。

なので長期でヨーロッパ放浪旅をする方には向いていません。

4)ヨーロッパ全土で使えるわけではない

2019年現在、ユーレイルパスを利用できる国は31カ国なので、ヨーロッパ全土で使えるわけではありません。

もしユーレイルパスが有効ではない国を通過する際は、その区間の乗車代を別途支払う必要があります。

5)鉄道しか利用できない

正確には、フェリーが利用できる区間も一部ありますが、基本的には「鉄道パス」なので、鉄道しか利用できません。

なのでフェリーやバスを主要な交通手段に、と考えている方には向いていません。

ユーレイルパスをお得に使えるのはどんな人?

元を取りにくいけれども、

  • 駅での切符購入が面倒な方
  • のんびり鉄道の旅をしたい方
  • 気の赴くままに旅をしたい方
  • ヨーロッパ各国の鉄道に乗り慣れていない方
  • オンラインでのチケット予約が面倒な方
  • 長距離移動を予定されている方

には試してみる価値があると思います。

ユーレイルパスとは
ユーレイルパスとは ユーレイルパス (Eurail Pass)とは、ヨーロッパの各都市を周遊できる鉄道チケットです。 最大、...
旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

ポルトカードとアンダンテカードの比較

ポルトカードとアンダンテカードを徹底比較!ポルト観光に一番お得なのは?

アンダンテツアー

ポルトのアンダンテカードを徹底解説!3種の違い・料金・買い方・使い方は?

ポルト空港でSIMカードを購入できる店

ポルトガル旅行で気になるホテルWiFi・SIMカード・海外レンタルWiFi情報ま...

ホテルナシオナルリスボンは駅まで徒歩5分!スーパーまで徒歩1分と好立地

リスボン空港での免税手続き

リスボン空港でのタックスリファンド(免税手続き)の場所とやり方

レロ書店

レロ書店やカルモ教会など、歴史地区以外のおすすめポルト観光地5選