【草津・志那神社】藤棚と竹林の共演と八重咲きの藤|志那三郷の藤めぐり

Mami
Mami

こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

 

この記事では「志那三郷の藤」の一つである、滋賀県・草津市にある「志那神社」の藤の花をご紹介します。

スポンサーリンク

滋賀県・草津市にある志那神社

「砂擦りの藤」で有名な三大神社より徒歩10分のところに志那しな神社があります。

詳細は不明ですが、風神を祭る由緒深い神社。

 

神紋は「笹に三羽の雀」のよう?

毎年5月3日の例祭では、国の無形民俗文化財および日本遺産に認定されている「草津のサンヤレ踊り(風神踊り)」を見ることができます。

 

鳥居をくぐると、気持ちのいい木立の参道が70mほど。

 

境内の中央に拝殿があり、境内右手には藤棚があります。

なお本殿は国の重要文化財となっています。

志那神社の藤棚は竹林と共演

志那神社の藤は房が決して長くはありませんが、藤棚はかなりの面積があり、竹林と共演している風景が素敵です

 

ちなみに志那神社を外から眺めると、竹林に守られているのがよく分かります。

ぶどうの房のような珍しい「八重の藤」

神馬の腹部には金色の神紋が光っています

境内左手には神馬が。

昔は志那三郷(志那・吉田・志那中)より馬を出して競馬を行い、豊作の吉凶を占ったそう。

 

そして注目なのが、神馬の近くに植えられた紫色の花「八重紫」。

 

地元のおじいちゃんが「珍しいから、良かったら見ていってな〜」と教えてくださったのですが、なんと八重咲きの藤で、棚にしないで育つ珍しい藤の花なんです。

 

ぶどうの房のように、ころん、ころん、しているのが可愛らしい。

 

隣には「白長藤」という藤も植えられていました。

どれも今年植えられたばかりということなので、これから華やかに成長していくのが楽しみです。

志那神社とあわせて訪れたい「志那三郷の藤」

志那神社の近くには、同じく藤の花が綺麗な神社があり、

の藤をあわせて「志那三郷の藤」と称されています。

それぞれ徒歩圏内にあるので、時間があれば、立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

志那神社へのアクセス

JR琵琶湖線「草津駅」西口よりバスが出ています。

  • 下物経由 烏丸半島行き「北大萱」下車 → 徒歩20分ほど
  • 烏丸半島行き「吉田口」下車→ 徒歩3分ほど

バスの本数は限られており、1時間に1〜2本しか走っていませんので、行き・帰りともに時刻表をチェックされることをおすすめします。

駐車場はありません。

三大神社からは歩いて10分ほど、惣社神社からは歩いて20分ほどです。

【関西・藤の花のおすすめ】三大神社の砂擦りの藤と草津サンヤレ踊り
【関西の藤の花のおすすめ】滋賀県・草津にある藤の花の名所「三大神社」をご紹介します。三大神社、志那神社、惣社神社の藤は「志那三郷の藤」と称されており、三大神社の藤はシャワーのように降り注ぐ、見応えたっぷりの「砂擦りの藤」。5月3日の例祭では、無形民俗文化財「草津のサンヤレ踊り」も披露されます。
【草津・惣社神社】樹齢500年越えの藤棚|志那三郷の藤めぐり
【関西の藤の花のおすすめ】滋賀県・草津にある藤の花の名所「惣社神社」をご紹介します。三大神社、志那神社、惣社神社の藤は「志那三郷の藤」と称されており、惣社神社の藤は樹齢500年を越える大藤です。5月3日の例祭では、無形民俗文化財「草津のサンヤレ踊り」も披露されます。