リスボアカードとヴィヴァヴィアジェンを徹底比較!リスボン観光に一番お得なのは?

リスボアカードとヴィヴァヴィアジェンの比較
Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事ではリスボン観光に便利な「リスボアカード」と「ヴィヴァ・ヴィアジェンカード」の徹底比較を行います。

あなたの旅行スタイルにとって、最適なカードを選ぶ際の参考になれば嬉しいです

リスボアカードとは

リスボアカードとは

リスボアカードとは、リスボンの公共交通機関の「乗り放題パス」と、観光名所の「入場無料券または割引券」がセットになったカードです

ヴィヴァ・ヴィアジェンカードとは

ヴィヴァ・ヴィアジェンとは

ヴィヴァ・ヴィアジェン(Viva Viagem)とは、リスボンの公共交通機関を利用する際に便利な乗車券です

日本のSuicaに相当するチャージ式の乗車カードです。

「使い方」は3種類あり、

  1. 乗車券として使う
  2. プリペイドカードとして使う
  3. 乗り放題券として使う

乗り放題券(1日券)の場合、「何種類の交通手段を乗り放題にするか」によって3種類の選択肢が用意されています。

地下鉄 市バス 路面電車 ケーブルカー ポルトガル鉄道 フェリー
乗車券 ×
プリペイド
乗り放題1 × ×
乗り放題2 ×
乗り放題3  ×

 

乗り放題の公共交通機関とは

乗り放題の対象となる公共交通機関は、リスボアカードもヴィヴァ・ヴィアジェンカードもほぼ同じで、

  • 地下鉄
  • 市バス
  • 路面電車
  • ケーブルカー
  • ポルトガル鉄道の近郊線
  • エレベーター(リスボアカードのみ)
  • フェリー(ヴィヴァヴィアジェンのみ)

で利用できます。

リスボアカードとヴィヴァヴィアジェンの徹底比較

リスボアカードには1日券から3日券までありますが、ヴィヴァ・ヴィアジェンの乗り放題券が1日券のみなので、ここでは1日券(24時間)に絞って比較をします。

種類 料金 無料割引 乗り放題
リスボアカード €20.00
ヴィヴァ(乗車券) €1.50/ × ×
ヴィヴァ(プリペイド) €3〜チャージ可能 × ×
ヴィヴァ(乗り放題1) €6.40 ×
ヴィヴァ(乗り放題2) €9.50 ×
ヴィヴァ(乗り放題3) €10.55 ×

注)ヴィヴァ・ヴィアジェンカードは、最初の購入時にのみ、発券代0.50ユーロが別途かかります。

リスボアカード購入のメリット

リスボアカードの最大の特徴は、観光名所の「入場無料券または割引券」が付いていることです。

無料特典・割引特典の詳細はリスボアカードの詳細記事にまとめていますが、20ユーロから購入できるので、だいたい観光名所を3つ訪れると元が取れます。

(例)

観光名所 正規料金 割引率 割引後の料金
ジェロニモス修道院 €10 無料 €0
ベレンの塔 €6 無料 €0
アジュダ宮殿 €5 無料 €0
合計割引額 €21

また人気観光名所では、リスボアカード所持者を対象とした入場の列(Fast Track)が用意されているので、チケット購入の手間が省けるだけでなく、場合によっては優先入場が可能となります。

ヴィヴァ・ヴィアジェンカード購入のメリット

リスボンの公共交通機関の1回あたりの乗車代は、車内で支払うと2〜3ユーロと割高になりますが、プリペイドカードで支払うと1.35ユーロとお得になります

またプリペイドカードとして利用する場合、3ユーロと少額からチャージできるので、街歩きが好きで、地下鉄やバスにあまり乗る予定がない方には最適です。

なお乗り放題券として利用する場合、5回以上乗るなら元が取れる計算となります(※)。

※フェリーやポルトガル鉄道はなし「乗り放題券1」(€6.40)の場合。

あなたに最適なカードの組み合わせは?

では最終的に、どのカードが一番リスボン観光に最適なのでしょうか?

1つだけ言えることは、世界遺産「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」がある、ベレン地区を観光する日はリスボアカードを持っておくとお得ということです。

それ以外の日は、観光の目的や性格などによって変わってきますが、個人的には、ヴィヴァ・ヴィアジェンカードをプリペイドカードとして少額チャージしながらの利用で十分だと感じました。

リスボアカードおよびヴィヴァ・ヴィアジェンカードの詳細は、それぞれ別記事にまとめていますので、合わせてご参考ください。

旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

ポルトの街並み

世界遺産「ポルト歴史地区」を堪能!1日で観光するおすすめの行き方

リスボン空港のANAラウンジ

リスボン空港にあるANAラウンジをプライオリティパスで無料利用してきました

アンダンテツアー

ポルトのアンダンテカードを徹底解説!3種の違い・料金・買い方・使い方は?

ユーレイルパス

ユーレイルパスは本当にお得?ポルトガル鉄道旅を通じてメリット・デメリットを検証

時計塔

世界遺産コインブラ大学の観光レポ!ジョアニア図書館はディズニーファンも必見!

ポザーダ・カステロ・デ・オビドスのレストラン

古城ポザーダ・カステロ・オビドスで優雅な宿泊!人気の朝食レストランは?