新名所!旧三井家下鴨別邸のあじさい苑は期間限定で無料開放

Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事では、京都・旧三井家下鴨別邸(重要文化財)をご紹介します。

季節柄、新名所であるあじさい苑を目指して訪れたのですが、とても美しかったです。

旧三井家下鴨別邸のあじさい苑

旧三井家下鴨別邸のあじさい苑は、平成30年に約400本の紫陽花が植栽され完成しました。

初夏の新名所として知ってもらうためでしょうか、今年は4日間限定であじさい苑は無料開放されています。

ちょうど見頃を迎え美しい盛りでしたが、まだまだ穴場で、ゆっくり見て回ることができました。

 

 

 

 

 

 

決して広いスペースではありませんが、密集して様々な品種の紫陽花が咲いていたので、とても見応えがありました。

旧三井家下鴨別邸とは

下鴨神社のシンボル双葉葵

旧三井家下鴨別邸は、世界遺産・下鴨神社のすぐ南に位置し、近代京都の名建築として重要文化財に指定されています。

その名の通り、三越や三井銀行で知られている、あの三井財閥(三井越後屋)に関連した建物です。

 

主屋の2〜3階

三井家11家の「共有」の別邸であり、三井家の祖霊社である顕名霊社(あきなれいしゃ)と下鴨神社を参拝する際の「休憩所」として建築されました。

 

茶室

茶室(江戸時代)があったこの地を購入し、そこに主屋(明治時代:三井家の木屋町別邸を移築)、さらに玄関棟(大正時代)を増築しています。

昭和時代には国に譲渡され、昭和26年から平成19年まで、京都家庭裁判所の所長宿舎として、実際に歴代の所長が住んでいたそうです。

旧三井家下鴨別邸では美しい建築クイズが用意されている

通常公開エリアである「玄関棟・主屋1階・庭園」は有料(410円)です。

ちなみに

  • 1階は年中一般公開(水曜日は休館日)
  • 2階は夏と秋の年2回だけ特別公開
  • 3階は年に1回(2月)だけ特別公開

ただ、主屋2階と茶室は有料で施設利用が可能です。

 

建物内部には、建築に関する知識がなくても楽しめるように、「この写真の建具はどこにあるでしょう?」というクイズが用意されているので、このクイズも意識しながら巡ると楽しいです。

また入り口付近では、スタッフの方による分かりやすい解説も受けられます。

 

ウェルカム紫陽花。

 

写真撮影は禁止でしたが、杉戸絵「孔雀牡丹図」(原在正筆)も、大変見応えがありました。

 

1階座敷では、美しい庭園を眺めながらお茶もいただけます。

 

喫茶メニューはいくつか用意されていますが、今回はせっかくなので紫陽花特別セットを。

 

一保堂のお抹茶と鶴屋吉信の「彩夏」

 

「ほっ」とする一時。

 

一息ついたらお庭へ。

 

じっと小魚を狙う鷺。

微動だにしないので、最初は置物かと思ったほどです。

ちなみに敷地内には丸々とした狸も2匹暮らしているそうです。

 

初めて訪れましたが、とても心地の良い場所でした。

通常非公開の2階や3階も覗いてみたいので、特別公開の時に再訪したいと思います。

  • 直近では、2019年の夏(8月)に主屋2階が特別公開予定です
  • 春に感動した京都府立植物園は三井家の寄付によるものでした
  • 京都の早春イベント「伝統産業の日」では、無料入館できます

旧三井家下鴨別邸から徒歩3分ほどで、世界遺産・下鴨神社や、豆餅で有名な和菓子屋「出町ふたば」もあるので、充実の観光ができます。

旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

嵐山観光にも便利!京都・湯の花温泉(亀岡温泉)おすすめ宿3選

年に一度だけ!行者餅は7月16日のみ限定販売される祇園祭ゆかりの和菓子

醍醐寺は京都の桜の名所!秀吉も花見を楽しんだほどおすすめ

伏見稲荷大社に参拝後は「松の下屋」で献上抹茶をいただく観光プランがおすすめ

伏見稲荷大社の宵宮祭は幻想的でミステリアスな雰囲気がたまらない!

清浄歓喜団

まるで縄文土器?!日本最古のお菓子「清浄歓喜団」を食べてみた