スパテラス紫翠は有馬温泉にある女性におすすめの旅館(兆楽の姉妹館)

Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事では、有馬温泉に新しくオープンしたお宿「スパテラス紫翠(SPA TERRACE 紫翠)」の宿泊レポをお届けします。

スパテラス紫翠はどんな旅館?

スパテラス紫翠は有馬温泉エリアの中でも、山の上にある旅館です。

金泉・銀泉を同じ施設内で楽しめる、有馬で唯一の宿「兆楽」の姉妹館になります。

 

有馬温泉駅から歩いて徒歩7分ほどですが、急な坂道を登る必要があるので、送迎サービスを利用した方が快適です。

ちなみに送迎サービスは無料で、特に時間指定はなく、連絡をすれば随時送迎してもらえるので、チェックイン時も観光時も便利です。

 

そして兆楽の敷地内に2017年7月にオープンしたのがスパテラス紫翠です。

 

一歩中に入ると、明るく開放的な和モダンスタイル。

 

引き戸や欄間部分には伝統工芸技術がふんだんに使われていて、しつらえが素敵です。

 

チェックインはおしゃれなロビーにて。

 

ケーキ、クッキーなどのスイーツ、そしてドリンクが用意されます。

旅館のウェルカムスイーツの定番であるお饅頭もいいけれど、ケーキも嬉しいです。

スパテラス紫翠の客室

お部屋に入ると、アロマの良い香りがお出迎え。

 

客室は、外観やロビーの新築感と違い、決して新しい感じはありませんが、畳はきちんと張り替えてあり、清潔感があります。

 

アメニティですが、

  • クレンジング
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 乳液

とスキンケア系は一式揃っています。

 

トイレはやや狭いですが、センサーが感知するとフタが開くだけでなく、便器内もピカーと光ります。

 

室内にはドリンク(緑茶・ほうじ茶・ピーチティー)や、お風呂セットが用意されています。

 

夜、夕食から戻ると、お布団の準備とともに、練香の用意もされていました。

細かな気遣いが嬉しいです。

スパテラス紫翠の温泉

有馬温泉と言えば、金泉と銀泉。

紫翠の宿泊客は、紫翠の温泉はもちろんのこと、隣に建つ兆楽の温泉にも入ることができます。

兆楽は金泉・銀泉を同じ施設内で楽しめる、有馬でも稀な宿です。

なお紫翠の温泉ですが、女性用は大浴場(銀泉と銀泉)がありますが、男性用は小浴場のみ(銀泉のみ)。

露天や歩行湯など温泉の種類も圧倒的に兆楽の方が多いので、まずは兆楽の温泉から楽しむのが個人的にはおすすめです。

 

用意されているお風呂セットにはバックもついているので、旅館の移動もしやすいです。

また兆楽も紫翠も、お風呂場に新しいバスタオルが用意されているので、お風呂好きにとっては、毎回乾いたタオルで体を拭けるのも嬉しいポイント。

 

湯上り処も充実。

兆楽では黒豆茶とティラミスが、

 

紫翠ではハーブティーやレモン水がいただけ、

 

雑誌やクッションが用意された休憩室もあります。

スパテラス紫翠の夕食

紫翠の夕食は和洋折衷のフュージョン料理。

 

お料理は見た目が綺麗で、どれも美味しかったです。

 

シーアスパラ、平目、鯛、タコ、カラスミを使った向付もあれば、

 

黒毛和牛とポテトフライのような肉料理も楽しめます。

スパテラス紫翠の朝食

朝食はハーフビュッフェ形式。

 

種類こそ豊富ではありませんが、ストローにまでこだわった、可愛いらしい演出が随所に見られます。

 

メインディッシュは4種類からチェックイン時に選べます。

今回はエッグベネディクトにしてみました。

ラウンジでのサービス

紫翠のラウンジでは

  • チェックイン時
  • 夕食後のくつろぎタイム
  • 出発前のコーヒータイム

と一日を通してちょっとしたおもてなしが用意されていました。

 

紫翠は女性が喜ぶお宿。

彼女への誕生日プレゼントとして、
奥さんへの結婚記念日のプレゼントとして、
娘さんへのご褒美として、

喜ばれること間違いなしです。

このホテルの料金・空室をみる

このエリアのホテルを検索する

 

旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

ウェスティンホテル淡路に宿泊!冬でも温暖な淡路島でリゾート気分を味わえた

世界遺産・国宝である姫路城を桜シーズンにお得に観光する方法