世界遺産・二条城の香雲亭(非公開)にて特別朝食をいただきました

Mami

Mami
こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

京都にある世界遺産・二条城香雲亭(非公開)にて特別朝食をいただいたので、そのレポートをお届けします。

二条城での特別朝食とは

京都にある世界遺産・二条城では、プロジェクションマッピングをはじめ、季節ごとに様々な企画が催されています。

そして今回参加したのが、夏の特別企画。

通常非公開である清流園・香雲亭での特別朝食(各日、限定40食)です。

事前予約制で、この日も満席と、大人気の企画です。

8:20までに集合し、8:30から一斉にお食事スタートとなります。

 

「香雲亭」

正直、朝の8時台はもう蒸し暑いですが、お料理の鮮度と快適な室温を保つために、香雲亭では冷房を効かせておいてくれます。

 

そして朝食スタートと同時に、お庭の窓が開放され、青々とした美しい庭園を眺めながら、美味しいお食事をいただけました。

2019年夏の特別朝食

お料理の内容は時期により変わりますが、今回は湯葉粥をはじめとした湯葉料理がメインでした。

(これから2019年夏の特別朝食に参加される方は、お料理内容のネタバレに注意してください)

 

祇園・丸山公園内にある「いそべ」によるお料理

じゅんさい入り、すだちのシュレ

竹の蓋を開けると…

湯葉のミルフィーユ

竹籠の底まで、おかずがたっぷり

2種類のお味噌でいただく賀茂茄子の田楽

ほかほか、作りたての湯葉粥

湯葉ちりめん山椒

意表を突いたお料理があるわけではありませんが、どれも丁寧な味付けで、美味しかったです。

ご馳走様でした。

 

朝食後は9:30まで、ゆっくりとお庭を眺めたり、写真撮影をしたりできます。

食事中に、料理人さんがお料理の説明だけでなく、香雲亭にある「隠れハート」や二条城にある「隠れ千鳥」の話もしてくださったので、それらを探してみるのも楽しいです(こんな所に千鳥が意匠されていたなんて!)。

二条城で行われる市民大茶会に参加した際にも、香雲亭からの眺めに感動しましたが、その時は大寄せのお茶席で急かされたので、今回はゆっくりと過ごせ、素敵な朝の時間となりました。

特別朝食の料金は3000円(別途入場料が必要です)と贅沢な朝食にはなりますが、世界遺産での特別な朝食なので、機会があれば是非召し上がってみてください。

意外⁈ お得に海外旅行を手配する3つの手順

「安く海外旅行をする=個人手配」という考えが主流になりつつありますが、実は個人手配が必ずしも安いとは限りません。

そこで「個人手配する場合と、旅行会社を通す場合、どちらがお得なのか」をサクッと簡単に下調べできる3つの手順をご紹介します。

海外旅行を安く手配する方法
お得に海外旅行を手配する3つの手順 旅さがしでオーダーメイド旅行の一括見積もりを取る スカイスキャナーで飛行...

関連記事

祇園祭の見どころは山鉾巡行だけではない!1ヶ月続く主な行事とおすすめホテル

世界遺産「銀閣寺」の見所と合わせて訪れたい観光スポット5選

京都の夏祭り「花背の松上げ」は勇壮で幻想的な火祭りでおすすめ

伏見稲荷大社に参拝後は「松の下屋」で献上抹茶をいただく観光プランがおすすめ

鳥獣戯画で有名な世界遺産の栂尾高山寺は茶の発祥地でもある

伏見稲荷大社の宵宮祭は幻想的でミステリアスな雰囲気がたまらない!