嵐山の祐斎亭でおすすめの水鏡リフレクションを満喫!予約なしでも見学できる?

祐斎亭 丸窓の部屋
Mami
Mami

こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

 

今回は京都・嵐山にある幻想的なリフレクション風景を楽しめる「嵐山 祐斎亭」をご紹介します。

 

感嘆のため息が何度漏れたことか。

この記事は、Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムの一環で取材・執筆した記事(美しく幻想的なリフレクション!1200年前の風景と染色アートを愛でる|祐斎亭)を再構成してお届けします。

京都・嵐山の「祐斎亭」は幻想的なリフレクション撮影スポットとしてじわじわ人気が急上昇中

渡月橋から川沿いを歩いて約10分。

嵐山公園亀山地区に染色アートギャラリー「嵐山 祐斎亭(ゆうさいてい)」があります。

平安時代より貴族が別荘地として四季の移り変わりを楽しんできた1200年前の風景と染色アートを楽しめる場所なのですが、幻想的なリフレクション撮影ができると、写真好きを中心に、じわじわと人気が高まっているスポットです。

春夏秋冬と一年を通して幻想的な光景が楽しめますが、今回は紅葉が見頃を迎えるタイミングを狙って訪れてみました。

祐斎亭の見どころ

祐斎亭の見どころは7カ所。

  1. 川端康成の部屋
  2. 茶室
  3. 丸窓の部屋
  4. 染色アートギャラリー
  5. 絶景テラス
  6. 夢の水鏡
  7. アート化粧室&アート廊下

ちなみに、リフレクションを楽しめるのは1・3・6の3カ所です。

1)川端康成の部屋

祐斎亭 川端康成の部屋

受付を済ませ、すぐ左手にあるのが、「川端康成の部屋」です。

 

久しぶりに着物でお出かけ

その名の通り、ノーベル文学賞作家である川端康成が『山の音』を執筆したという部屋なのですが、紅葉と大堰川(桂川)を一望できます。

 

祐斎亭 川端康成の部屋

 

そして部屋に置かれているトチノキのテーブルにはガラスの水鏡があり、この光景が目に飛び込んできたときには、思わず感嘆のため息を漏らしました。

2)茶室

続いて「茶室」へ。

美しい風景や窓際の腰掛けもさることながら、障子のまばらな抜け感も面白いです。

 

貝合わせなどのしつらえも素敵

なお、通常シーズンの見学なら、お抹茶・お菓子の無料サービスが付いてきます(紅葉シーズンは別途1,000円で注文することができます)。

3)丸窓の部屋

祐斎亭 丸窓の部屋

続いて、茶室の横にある「丸窓の部屋」へ。

 

祐斎亭 丸窓の部屋

祐斎亭 丸窓の部屋
丸窓が連結しているのもユニークですが、この部屋でも机を利用してリフレクションを楽しむことができ、再び感嘆のため息が出ました。

 

刻一刻と山の輝きも変わり、ずっと見ていられる美しさ。

耳を澄ませば、枝から枝へと飛び移る鳥の音や、保津川下りの船を漕ぐ音が聞こえてきます。

4)染色アートギャラリー

さらに奥へと進むと「染色アートギャラリー」があり、奥田祐斎さんの作品を間近で見ることができます。

独自の染色技法である「夢こうろ染(ゆめこうろぞめ)」の凄いところは、光によって染め色が変化する点なのですが、実際に作品に光を当てて染め色が変わる様子も見られます。

 


工房の方では見慣れない道具が色々あったのですが、職人さんが気さくに教えてくださいました。

また「祐斎亭は築150年を誇る明治期の建物でね、かつては『千鳥』という料理旅館で、京都の舞妓や芸妓たちにとって憧れの場所だったんだよ」と、当時の大スターたちがどのように豪遊していたのかも教えていただけました。

この場所は渡月橋から絶対に見えない奥まったところにあるので、隠れて遊ぶのにピッタリということで、この周辺に桜を植えて、目の前の川に船を浮かべ、自分たちだけのプライベート花見を楽しんでいたそう。

5)絶景テラス

祐斎亭 絶景テラス

工房前には、2021年10月にできたばかりの「絶景テラス」があり、ダイナミックなパノラマ風景を楽しむことができます。

6)夢の水鏡

祐斎亭 夢の水鏡

最後にあらわれるのは、絶景テラスを通り抜けた先にある「夢の水鏡」です。

こちらも2021年10月にできたばかりで、大きなテーブルに水を張った、世界初と思われる本物の水鏡です。

 

天井に水面のきらめきが映り綺麗

テーブルには筆も用意されているので、あえて水滴を落として波紋を起こすことで、テーブルリフレクションとは違い、本物の水鏡だからこその不思議な絵模様を楽しむことができました

7)アート化粧室&アート廊下

その他、建物の外観からは想像できないほど派手なアートが施された廊下や、「ぜひ見学していってください」とスタッフさんが声をかけてくださるほど個性的な「水きんくつとアート」と「金魚」という2つのトイレも見どころです。

祐斎亭は予約なしでも見学できる?

窓ガラスに映る紅葉も綺麗

祐斎亭の見学には事前Web予約が必要で、見学料(2,000円)は当日現金で支払います

ただし、空きがあれば、当日受付も可とのことでした。

見学するシーズンにより、開館時間やライトアップの実施、お抹茶・お茶菓子の有無は異なりますので、詳細は公式ホームページでご確認ください。

祐斎亭の見学にはどのくらいの時間が必要?

祐斎亭の見学受付は30分ごとになっており、普通に見て回るなら30分で十分楽しめます。

また、30分で退出しなければいけないわけではないので、ゆっくり景色や撮影を楽しむことも可能です。

祐斎亭への行き方

渡月橋から川沿いを進み、福田美術館の前を通過。

そのまま嵐山公園まで進み、川沿いにある食事処「亀山家」も通過したところに写真のような看板が出ているので、この階段を登ります。

食事処「亀山家」の脇にある階段は嵐山公園の中へと進む階段なので、お間違えないように。

 

階段を登ると祐斎亭の門があらわれるので、そのまま中へどうぞ。

 

ちなみに、随所に描かれている不思議な鳥について伺ってみると、「八咫烏」とのこと。

奥田祐斎さんの出身が三重県熊野市ということで、そのシンボルである八咫烏を表現しているそうで、確かによく見ると三本足でした。

あ〜、何度ため息を漏らしたか分からないほど美しい場所でした。

基本情報
ギャラリー名:嵐山 祐斎亭
住所:京都市右京区嵯峨亀ノ尾町6
電話番号:075-881-2331
開館時間:通常シーズン10:00〜18:00 / 紅葉シーズン(11/13〜12/5)は8:00〜21:00
定休日:展示会の開催や貸切時、年末年始
見学料:2,000円
祐斎亭の公式ホームページ

 

祐斎亭の後は、川沿いや嵐山公園で紅葉を満喫するのもおすすめです。


記念日におすすめ!京都・湯の花温泉にある翠泉に宿泊してきました
京都・湯の花温泉にある宿「翠泉」の宿泊レポです。有名観光地の嵐山からも近く、翠泉はプチ感動の連続だったので、個人的には記念日の宿泊におすすめです。
朝食がおすすめ!京都・湯の花温泉のすみや亀峰菴に宿泊してきました
京都・湯の花温泉にある宿「すみや亀峰菴」の宿泊レポです。有名観光地の嵐山からも近く、とにかく朝食の種類の豊富さで楽しめるおすすめ宿です。
【ゆのはな月や宿泊レポ】口コミ通り夕食・朝食は美味!客室や露天風呂の様子は?
京都・亀岡にある「湯の花温泉」に新しくオープンした「ゆのはな月や」に泊まってきたので、その宿泊レポをお届けします。客室・料理・露天風呂の様子など、口コミで気になる部分をぜひチェックしてみてください。合わせて亀岡の観光名所もお伝えします。