シルクロードのロマン溢れるナボイおすすめ観光スポット2選

Mami

Mami
こんにちは、「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

この記事では、シルクロードの時代から交通の要衝だったウズベキスタン・ナボイのおすすめ観光スポットを紹介します。

ナボイはどんな街?

ナボイはブハラサマルカンドの中間にある、ナボイ州の州都です。

ナボイ州は大部分が砂漠を占めていますが、良質の金や天然ガスが産出される、資源に恵まれた土地でもあります。

そんなナボイはシルクロードの時代から交通の要衝であり、キャラバン(隊商)と縁のある2つのおすすめ観光スポットがあります。

ラバティ・マリクのキャラバンサライ跡

現在のサマルカンドからナボイを経由してブハラへと向かう幹線道路の脇には、当時の旅の商人たちが泊まった宿「キャラバンサライ」の遺跡があります。

 

ラバティ・マティクのキャラバンサライ(Karavan-Sarai Rabati Malik)は6世紀頃に造られたといわれています。

 

様々な商品を運んでいた商人たちは、常に盗賊に狙われる危険性がありました。

そのため旅の間は、高い壁に囲まれ、強固な門を備えた商人宿「キャラバンサライ」に集まって寝泊まりしていました。

 

現在では、門と壁の一部しか残っていません。

 

しかし列柱跡などを眺めていると、商人やラクダたちで賑わっていたシルクロードの時代を想像することができ、ロマン溢れる観光スポットです。

 

遺跡好きにおすすめ!

サラドバ・マリク

道路を挟んで、ラバティ・マリクのキャラバンサライの対面にあるのがサラドバ・マリク(Sardoba Malik)です。

 

サラドバとは貯水槽のことです。

砂漠を旅する人たちにとって、水は何よりも貴重でした。

そのため貴重なオアシスを守るために、湧水の周囲には屋根や壁が造られました。

 

天井をドーム状にすることで、湧き水の蒸発を防いでいたそうです。

 

サラドバ・マリクは14世紀に造られたといわれています。

このサラドバ・マリクのように状態が良いものは、もうほとんど残っていないそうです。

 

当時のシルクロードの過酷な旅の様子をうかがうことのできる、重要な歴史観光スポットです。

ウズベキスタンのホテルのWiFi事情 ウズベキスタンの宿泊先を決める際、無料WiFiが提供されているかどうかは大切なポイントの一つ...
旅好きならマスターしたい、ホテル予約の裏技!

宿泊先を予約する際、なんとなくでホテル予約サイトを選んでいませんか?

実は、たった一手間かけるだけで、数万円も旅費がオトクになることがあります。

ホテル選び3つの基準 ホテル選びのチェックポイントは、まず【料金】です。 「せっかく泊まるのであれば、やはりオトクに泊まりた...

関連記事

ウズベキスタンの旅費はいくら必要?お得に旅行するために知っておきたい3つのこと

世界遺産ブハラ歴史地区のおすすめ観光スポット

ウズベキスタン料理の数々と事前に知っておきたい配膳の流れ

ヒヴァ・イチャンカラ観光におすすめのハヤットインホテル。世界遺産が目の前に!

ジロールバクストホテルはサマルカンドで安いホテルを探している方におすすめ

ウズベキスタン高速鉄道ならサマルカンドからタシケントまで快適移動!