美味なポルトガルのエッグタルト!おすすめ有名店は?リスボン空港でお土産として買える?

パステイス・デ・ベレン
Mami

Mami
こんにちは、SORESEKAこと「それは、世界遺産がきっかけだった。」編集長のMamiです。

ポルトガルを旅する時、必ず食べたいスイーツがパステル・デ・ナタ(エッグタルト)です。

そこで、この記事ではパステルデナタ(エッグタルト)のおすすめ有名店などをご紹介します。

ポルトガルのパステル・デ・ナタ(エッグタルト)の有名店

パステル・デ・ナタ(エッグタルト)はポルトガル中で見かけますが、有名店は発祥の地リスボンに集中しています。

1)サント・アントニオ

サント・アントニオ

2017年にオープンしたばかりなのに、2019年のナタコンテストで優勝したのが「サント・アントニオ(Santo António)」です。

リスボンの歴史を見守ってきたサン・ジョルジェ城の近くにあります。

 

サント・アントニオ

店外や店内には、2019年ナタコンテストNo.1のロゴがあちこちに。

厨房はガラス張りなので、エッグタルトの作り方も覗けます。

 

サント・アントニオ

8席ぐらいは店内にも席が用意されているので、せっかくなら店内で出来たてを食べるのがおすすめです。

ただし、たとえ席を確保できたとしても、小さな店に多くのお客さんが押し寄せているので、長居することは難しいです。

 

サント・アントニオ

サント・アントニオのナタとガロット

サント・アントニオのナタは「どろっ」とした濃厚なクリームで、パイ皮はサクサク。

うん、美味しい。

ちなみにビッカ(リスボンでのエスプレッソの呼び方)とともに味わうのがポルトガル流とのこと。

私はコーヒーが苦手なので、ガロット(ミルクにコーヒーを少し入れたもの)を試してみましたが、ガロットでも私には苦かったです…。

パステル・デ・ナタ1.00ユーロ。ガロット1.25ユーロ。

2)パステイス・デ・ベレン

パステイス・デ・ベレンパステル・デ・ナタ(エッグタルト)の発祥の店といえば「パステイス・デ・ベレン(Pasteis de Belem)」。

世界遺産にも登録されているジェロニモス修道院のすぐ近くにあります。

パステイス・デ・ベレンは、ジェロニモス修道院から伝えられた配合と作り方を今もかたくなに守っており、レシピは門外不出とのこと。

 

パステイス・デ・ベレン

パステイス・デ・ベレンのナタ

周りのパイ皮は高温&短時間焼きのため、春巻きの皮のように、しっかりしているけれど、パリパリ。

クリームはとても滑らかで、甘さは控えめだけれども、濃厚で、卵の黄味をしっかり感じられます。

クリームの美味しさはもちろんのこと、個人的には皮のパリパリ感がたまりません!

 

パステイス・デ・ベレン店外には持ち帰り用の行列ができていますが、店内は広く、席数も多いので、せっかくなら店内で出来たてを食べるのがおすすめです。

パステル・デ・ナタ1. 15ユーロ。ケック1.25ユーロ。紅茶1.55ユーロ。

3)マンテイガリア

マンテイガリア

マンテイガリア(Manteigaria)カウンターだけのナタ専門店です。

美味しいだけでなく、リスボンきっての繁華街バイシャ地区(カモンイス広場の前)にあるので、朝から晩まで常に大行列のお店です。

ただカウンターだけのお店ということもあり、店内の回転は早いので、さほど長い時間並ばずに済みます。

 

マンテイガリア

マンテイガリアのナタ。お好みでシナモンパウダーを。

持ち帰りもできますが、せっかくなら店内で出来たてをいただくのがおすすめです。

昔バター屋だっただけにパターにこだわりがあり、薄めの皮はパリサクで美味しいです。

 

マンテイガリア

そして一口かじると、とろとろのクリームが溢れ出てきます。

う〜ん、美味しい!

あったかとろとろクリームがたまりません!

パステル・デ・ナタ1.00ユーロ。紅茶1.80ユーロ。

ホテルの朝食ビュッフェのパステル・デ・ナタも見逃せない

パステル・デ・ナタ専門店での、出来たての温かいエッグタルトは当然美味しいけれど、

さすがポルトガルを代表するお菓子なことだけあって、多くのホテルの朝食ビュッフェでもパステル・デ・ナタは提供されています

そして冷たいエッグタルトも、しっとりして、それはそれで美味しいです。

 

HFイパネマポルトの朝食のナタ

私が宿泊したホテルだと

の朝食ビュッフェでエッグタルトが用意されていました。

ポルトガルはスーパーにもエッグタルトが

ミニプレッソ

ミニプレッソはスーパーとコンビニの中間のようなお店

ミニプレッソのナタ

さすがポルトガルを代表するスイーツ。

スーバーでもパステル・デ・ナタは販売されています。

ちょっと小腹が空いた時などにもいいですね。

ポルトガルのエッグタルトはお土産に買えるの?賞味期限は?

「美味しいポルトガルのエッグタルトをお土産にしたいけど、賞味期限が短いからどうしよう…」

とお悩みの場合、

リスボン空港には、お土産用のパステル・デ・ナタが箱入りで販売されているので、帰国日にリスボン空港で購入するのがおすすめです。

パステル・デ・ナタだけでなく、ケイジャーダ(シントラの銘菓)やオヴォシュ・モーレシュ(アヴェイロの銘菓)なども購入できます。

リスボン空港「ANAラウンジ」のパステル・デ・ナタ

リスボン空港にあるANAラウンジのナタ

ポルトガルを発つ前にエッグタルトを食べ納めたいなと思っていたら、リスボン空港のANAラウンジにもやっぱりパステル・デ・ナタがありました。

ANAラウンジはプライオリティパスを持っていれば無料で利用できますので、ポルトガル旅の思い出をふりかえりながら、エッグタルトをいただきつつ、ゆっくり過ごすことができました。

リスボン空港のANAラウンジ
プライオリティパスとは、全世界900以上の空港「VIPラウンジ」を無料で利用できるものです。 本来なら約43,000円の年会費...
リスボンのアルファマ地区とは 坂の街リスボンは、素敵な展望台の宝庫です。 頑張って急な坂道を登ったからこそのご褒美として、絶...
ジェロニモス修道院
ポルトガルの世界遺産「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」とは 世界史を学んだ方なら、エンリケ航海王子という名前に聞き覚えが...
ポルトガルの定番魚料理「パシュテイシュ・デ・バカリャウ」 ポルトガル料理といえば、まずバカリャウ(Bacalhau)ではないでしょうか。 ...
旅行代が半額に!Go To トラベル特集

「Go To トラベルキャンペーンはいつまで?」「利用回数や連泊に制限はあるの?」「地域共通クーポンとは?」など、様々な疑問点をまとめています。

Go To Travel キャンペーン:予約特設ページへ 10月1日から地域クーポンの利用が始まります 10月1日出...

関連記事

アルファマ地区がお気に入り!リスボン観光におすすめの展望台と観光名所6選

レロ書店

レロ書店やカルモ教会など、歴史地区以外のおすすめポルト観光地5選

憧れのポザーダに泊まろう!ポルトガルのホテルの種類と宿泊税まとめ

ユーレイルパス

ユーレイルパスは本当にお得?ポルトガル鉄道旅を通じてメリット・デメリットを検証

リスボン空港での免税手続き

リスボン空港でのタックスリファンド(免税手続き)の場所とやり方

ポルトガルへのフライト情報まとめ!直行便・乗り継ぎ・フライト時間・飛行機代は?